ここから本文です

渡辺俊介が目指した都市対抗野球。サブマリンが社会人チームに復帰した理由

ベースボールチャンネル 7/31(日) 17:00配信

プロの道よりも、社会人野球

「日本一おもしろい野球がここにはありますから」
 日本球界復帰について、切り出した言葉である。

 千葉ロッテマリーンズで13年間、中心投手として活躍し通算87勝。14年から2年間は、アメリカにわたりマイナーリーグや独立リーグ、さらにはベネズエラからメジャーリーグを目指した。

 渡辺俊介。

 リリースポイントが日本一低いとまで言われた「サブマリン(=アンダースロー投手)」。いくつものオファーがあったようだが、日本復帰に選んだのは、新日鐵住金かずさマジック。かつて社会人時代に所属した新日鐵君津を母体に持つ広域複合企業チームである。

 渡辺がプロ野球で活躍する礎を築いたのは、社会人時代の経験がある。

 99年に入社した当時の監督は、應武篤良。のちに早稲田大監督で斎藤佑樹(ファイターズ)、福井優也(カープ)、大石達也(ライオンズ)らを育てあげた。「登板試合を見た時の調子がすごく良かった。でもコントロールは良くなかった」。発展途上だった渡辺は制球力を徹底的に磨き、投手としての才能を大きく開花させる。

 00年には強化指定としてジャイアンツの春季キャンプに参加。同年、第71回都市対抗野球大会出場も果たす。本大会では4試合に登板、チームのベスト4入りに大きく貢献するとともに、シドニーオリンピック代表にも選出された。

社会人チームにとっての都市対抗野球

 そんな男がプロを経て、38歳で決断したメジャーリーグ挑戦。たとえ思いがかなわなかったとしても、年齢的に考えてアメリカで野球人生を最後までまっとうするだろうと予想していた。だが渡辺の選択は、我々の想像するものとは大きく異なった。

「社会人でやることに本当にワクワクした。1つの大きなきっかけは、もちろん現役時代、一緒に新日鐵君津でプレーした鈴木監督(秀範、当時の中軸打者)の存在もある。必要な時には投げてもらうけど、9割はコーチとしてお願いしたい、ということだった」

 投手コーチ兼任として新日鐵住金かずさマジックへ入団。投手として、そしてコーチとして、心に秘めたものがある。

「まずは投げられる状態にしておく。言葉だけでなくて、実際に自分の投球で見本を見せたいと思った。だから自分のコンディションは、年間を通して本当に良い状態を保てていたと思う」

 事実、投手としての実力も見せつけた。16年ぶりの社会人登板登板となったのは、3月の第71回スポニチ大会。対東京ガス戦、1回を無失点に抑える。6月の第87回都市対抗野球南関東第二代表決定戦、対JFE東日本戦では、リリーフで8回から登板。延長を含む6回を投げ4安打無失点、チームの本戦出場に大きく貢献した。

 試合後、本当にうれしそうな渡辺がいた。

「社会人チームにとって都市対抗に出ることが存在価値。まず、会社や地域の人々の思いが優先される。何が一番ドキドキするかって、甲子園を目指す高校生と同じことを、大人がやっているんですからね」

1/2ページ

最終更新:7/31(日) 17:00

ベースボールチャンネル