ここから本文です

浅野拓磨、痛感した“世界”との壁「自分の特長が活きる場面なかった。危機感を持たないと」

フットボールチャンネル 7/31(日) 7:10配信

【U-23ブラジル代表 2-0 U-23日本代表 国際親善試合】

 リオ・デ・ジャネイロ・オリンピックに挑むU-23日本代表は現地時間の30日、U-23ブラジル代表と国際親善試合を戦い0-2で完敗を喫した。

【動画】何度みても美しい 中村俊輔の“魔法の左足” 世界4位に認定

 この試合で後半から途中出場を果たした浅野拓磨にとっては“世界”との差を痛感する一戦となった。試合後のインタビューで「自分の特長であるスピードと裏への抜け出しを意識して入った。ただ、後半も自分の特長が活きる場面も少なかった」と悔しさを滲ませている。

「危機感を持ってやらなきゃいけない。僕たちにとっては課題がたくさん見つかったことをポジティブに捉えるしかないです。それでもどんな相手でも自信を持って戦わないといけない」

 オリンピック本大会については「個人としてはゴールで貢献したい」と得点量産の目標を宣言した。今季アーセナルに移籍したことで欧州に戦いの場を移す浅野。オリンピックでの戦いは同選手にとって“世界”と渡り歩くための一つの試金石としても機能しそうだ。

フットボールチャンネル

最終更新:7/31(日) 17:25

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。