ここから本文です

ブラジル戦0-2完敗に手倉森J主将・遠藤「後半のような戦いを…」 直面した課題の解決なるか

Football ZONE web 7/31(日) 9:19配信

「自分たちがボールを奪いに行けなかった」前半の2失点悔やむ

 手倉森ジャパンのキャプテンは、強豪との実力差をまざまざと見せつけられた敗戦にも前を向いている。現地時間30日にリオデジャネイロ五輪ホスト国のブラジル五輪代表と親善試合を行い、日本は0-2というスコア以上の完敗を喫した。スタメン出場のMF遠藤航(浦和)は、「後半のような戦いを前半もできるように」と完全に勢いに飲まれた前半を課題に挙げた。

英メディアが世界最強の「左利き」と「右利き」のベストイレブンを選出!

 開催国としての大きな期待と、南米選手権でグループステージ敗退した後の国際大会という大きなプレッシャーの両方を背負うブラジルは、本大会前のラストマッチとなった日本戦で前半からエンジン全開で向かってきた。攻撃ではオーバーエイジ枠でキャプテンとしてチームに加わったFWネイマール(バルセロナ)に加え、欧州の移籍市場でも注目されているFWガブリエル・ジェズス(SEパルメイラス)、FWガブリエル・バルボーサ(サントス)の強力3トップが躍動。日本は完全に自陣に釘付けになった。

 それでも日本は無失点で耐えていたが、給水タイムが挟まれた直後の前半32分にバルボーサのドリブル突破から先制ゴールを許すと、前半終了間際にもセットプレーからDFマルキーニョス(パリ・サンジェルマン)に追加点を奪われ0-2とされた。遠藤は「前半、相手一人ひとりのボールを持つ力などで自分たちがボールを奪いに行けなかった。その中でもゼロで押さえたいと思ってやっていたけど、失点してしまったのが最後まで響いた」と、やや集中力を欠いた感のある失点を悔やんだ。

「いい相手と間違いなくできた」

 後半に入って8分に相手のパスミスをカットしたところから決定機を作ったが、FW興梠慎三(浦和)のラストパスを受けたMF中島翔哉(FC東京)が相手GKとの1対1を決められず。同11分にも中島が放ったミドルシュートはクロスバーの上に飛んだ。約10分間ほどの日本がボールを持って攻撃を仕掛けられる時間帯でゴールを奪えなかったが、劣勢になることは織り込み済みだった戦いの中で、後半に限れば無失点で終えている。

「いい相手と間違いなくできたと思います。無失点で抑えられれば自信になりましたけど、自分たちがやっているサッカーを信じて、まず一戦目を戦えればと思います。後半のような戦いを前半もできるようにしたい」

 現地時間8月4日には本大会初戦のナイジェリア戦を迎える。アンダー世代ではアジアの壁に阻まれて世界大会への出場権を逃し続けてきたものの、集大成となるこの五輪代表ではアジアでの戦いを全勝で突破した。そうした逆境から成長してきたチームを支えてきたキャプテンは、直前のテストマッチで得た課題を生かして本大会へ向かう気構えでいる。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/31(日) 9:19

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。