ここから本文です

ブラジル戦惨敗で不完全燃焼のアーセナル移籍の浅野 「もっと危機感が必要」とリオ五輪へ奮起誓う

Football ZONE web 7/31(日) 13:00配信

背後への飛び出し不足を感じるもピッチで表現できず

 手倉森ジャパンが誇るスピードスターは、カナリア軍団のディフェンスの前に歯が立たなかった。現地時間30日にリオデジャネイロ五輪日本代表はブラジル五輪代表との国際親善試合を戦い、0-2で完敗。後半から出場したFW浅野拓磨(広島→アーセナル)は「初戦に向けてもっと危機感が必要だと教えられた」と本番に向けて気を引き締めた。

【写真一覧】欧州サッカーを彩る美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

 試合は序盤からブラジルの猛攻を受けた。前半32分にFWガブリエル・バルボサ(サントス)に先制弾を浴びると、同42分にFWネイマール(バルセロナ)のCKからDFマルキーニョス(パリ・サンジェルマン)のヘディングで追加点を許した。

  日本は前半にシュートを1本も打てなかったこともあり、手倉森誠監督は後半開始から矢島慎也(岡山)に代えて浅野の投入を決断した。システム変更で2トップを組んだFW興梠慎三(浦和)とのコンビネーションに期待が集まったが、ピッチ内で苦しんだ。

「まずは自分の特長である裏の飛び出しがあまりなかったので、それを出したかったが、それを出せる場面もなく苦しい試合でした」

浮かび上がった多くの課題をプラスに捉え本大会へ

 後半に入ってブラジルはペースダウンしてパスを回しつつ、最終ラインの背後のスペースをケアしたため、浅野の自慢のスピードが生きる場面はなかった。機を見て背後を狙った場面も欧州の強豪パリ・サンジェルマン所属のDFマルキーニョスらの素早いカバーリングで潰された。同30分にMF中島翔哉からのスルーパスに反応したが届かず、シュートまで持ち込むことができなかった。

「僕たちに足りないものがたくさんあると分かったので、初戦に向けてもっと危機感が必要だと教えられた。課題の多さをプラスに捉えてやっていくしかない。まずはチーム全体で失点しないように入って、なかなかシュートとゴールが少ないので、僕としてはゴールで貢献したいし、特長のスピードで相手を苦しめたい」

 アーセナル移籍が決まり、広島でのラストマッチとなった17日の横浜F・マリノス戦後の壮行会ではファンの前で涙を流して活躍を誓った。ブラジル戦は不完全燃焼の45分間となったが、五輪本番で恒例の“ジャガーポーズ”を披露するためにも、得点への嗅覚をさらに研ぎ澄ますことができるだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/31(日) 13:00

Football ZONE web

Yahoo!ニュースからのお知らせ