ここから本文です

リバプールに圧倒され新生ミランが0-2完敗 本田は後半途中から出場も輝き放てず

Football ZONE web 7/31(日) 13:21配信

終始劣勢を強いられ、完成度の違いを見せつけられる

 日本代表FW本田圭佑が所属するACミランは、現地時間30日に米カリフォルニア州リーバイススタジアムで、インターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)のリバプール戦を戦った。ミランはユルゲン・クロップ監督率いるリバプールに一方的にゲームを支配され、0-2で敗戦。ベンチスタートの本田は後半23分から出場し、同37分にはヘディングシュートを放つもクロスバーの上へと外れ、結果を残すことはできなかった。

【写真一覧】欧州サッカーを彩る美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

 ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督が一貫して採用する4-3-3システムでスタートしたミランだが、前半からボールを落ち着かせることができず、リバプールに完全に主導権を握られる展開になった。リーグ開幕が1週間早いプレミア勢との戦いに、前半2分には早くもゴール前へのクロスでピンチを招いたが、ゴールライン手前で右サイドバックのイニャツィオ・アバーテが決死のクリアを見せてゴールを守った。

 押し込まれる展開に右ウイングのスソ、左ウイングのニアングも徐々にポジションを下げて中盤に吸収されると、前線では1トップのルイス・アドリアーノが孤立しカウンター攻撃もままならなくなった。さらに同30分過ぎにはMFアンドレア・ベルトラッチが足の違和感をベンチに訴えて交代を要求。MFユライ・クツカと交代した。

 防戦が続きながらも最終ラインで耐えていたミランだが、同42分にはリバプールに完全に崩されてFWサディオ・マネがGKガブリエルと1対1になる大ピンチを迎えたが、マネのシュートを体勢を崩しながらも足に当てると、ボールはクロスバーに当たってゴール外へ。23歳の若手GKに救われる格好で、ミランは前半を0-0で折り返した。

唯一の見せ場のヘディングシュートも枠外

 後半開始から3人を交代させたミランだが、ここでは本田に声はかからず。FWアレッサンドロ・マトリ、MFアンドレア・ポーリ、DFガブリエル・パレッタが投入された。しかし、後半14分にそのパレッタがペナルティーエリア内左サイドから侵入したFWディボック・オリギに振り切られ、右足でファーサイドに流し込まれてついに失点。0-1とビハインドを背負った。

 リードを許したミランは後半23分にMFジャコモ・ボナベントゥーラ、DFダビデ・カラブリア、そして本田の3人を投入。本田はスソのいた右ウイングに入った。しかし、本田らを投入しても防戦一方のゲーム展開は変わらず、同28分には19歳のMFシェイ・オジョに左サイドを突破されると、シュートのこぼれ球をMFロベルト・フィルミーノに押し込まれて0-2とビハインドが広がった。

 結局、最後までリバプールが支配したゲームの中で、本田はほとんどボールタッチをさせてもらえなかった。同37分に、相手のパスミスからミランがボールを敵陣で奪い、左サイドからのクロスにヘディングシュートを狙ったのが唯一の見せ場だったが、競り合いながらのシュートはクロスバーの上へ外れた。開幕が2週間後のプレミアリーグと3週間後のセリエAという差があるにせよ、ミランにとっては内容も結果も厳しい現実を直視せざるを得ないゲームになった。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/31(日) 13:21

Football ZONE web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

なぜ今? 首相主導の働き方改革