ここから本文です

「江南スタイル」がYouTubeで26億回再生突破 最新チャートでも13位

Forbes JAPAN 7/31(日) 14:00配信

ポップミュージックの世界で大ヒット曲が何年もの間、聞き続けられることは稀だが、韓国のPSY(サイ)の「江南スタイル」はその常識を打ち破った。

【動画はこちらから】

リリースから4年を経て「江南スタイル」の売上は減ったが、YouTubeの再生回数は今もなお記録を更新中だ。7月中旬の1週間で2,230万回再生されており、ジャスティン・ビーバーの「Sorry」や、メーガン・トレイナーの「Me Too」、ファーギーの「M.I.L.F. $.」といった最新の楽曲を上回っている。

「江南スタイル」は現在、YouTubeの人気音楽ビデオのランキングで13位。今でも毎日300万回以上再生されている。英語以外の言語で歌われた楽曲として、異例の世界的ヒットとなったこの曲は、今もなお世界を魅了し続けている。

2年前にはYouTubeの再生回数が史上初の20億回を突破。楽曲のセールスは以前ほどではないが、PSYは今もなおこの曲から巨額の収入を得ている。YouTubeでは、10億回再生あたり100万ドルのロイヤリティ支払いが見込まれる。この計算を当てはめると「江南スタイル」はYouTubeのみで現時点までに250万ドル(約2億6,000万円)を稼いでいることになる。

「江南スタイル」は今もなお、毎週数千万回の再生回数を追加しており、その数字はついに26億回を突破した。

Forbes JAPAN 編集部

最終更新:7/31(日) 14:00

Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN 2017年1月号

株式会社アトミックスメディア

2017年1月号
11月25日(金)発売

890円(税込)

Forbes ID 無料会員登録を受付中!
今ならもれなく電子版最新号をプレゼント

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。