ここから本文です

【J1採点&寸評】横浜×名古屋|新布陣導入の名古屋が勝点1をゲット。守備陣が横浜の猛攻に耐える

SOCCER DIGEST Web 7/31(日) 6:30配信

横浜――齋藤が攻撃陣を牽引するも、周囲が決定機を決め切れず。

[J1第2ステージ6節]横浜0-0名古屋/7月30日/日産ス
 
【チーム採点・寸評】
横浜 5.5
チャンスを作るも、名古屋の守備的システムの前にゴールを奪えず。守備は安定していただけに悔しいドローとなった。
 
【横浜|採点・寸評】
GK
1 榎本哲也 6
ピンチらしいピンチがないなか、67分の永井のシュートは落ち着いてキャッチ。守護神としての仕事はこなした。 

DF
13 小林祐三 6
前半は安田とのマッチアップで後手を踏み、クロスを許すシーンが散見された。後半は的確に相手のカウンターを潰した。
 
22 中澤佑二 6.5
シモビッチとの激しいバトルでは一歩も引かず、長身FWの進攻を食い止めた。名古屋攻撃陣に対して高い壁であり続けた。
 
5 ファビオ 6
34分には駆け上がってきた明神をしっかりマークし、クロスをクリア。セットプレー時にはハイボールをよく撥ね返した。
 
24 金井貢史 6
前半は抑え気味も、後半は高い位置をキープ。ディフェンス面でも穴はなかった。
 
MF
28 喜田拓也 6
最終ラインに落ちてボール回しに参加し、リズムを作った。一方で黒子役に徹しただけにインパクトのあるプレーは少なかった。
 
8 中町公祐 5.5
中盤でパスを散らしたが、決定機を生み出せず。終了間際に放ったヘッドはゴール右に外れた。
 
20 マルティノス 5.5 
右サイドからチャンスを作った。ただ、52分の齋藤からのスルーパスを決め切れなかったのは痛恨だ。
 
11 齋藤学 6.5
キレキレのドリブルを披露。左サイドに固執せずに自由にポジションを取り、ピッチ内で最も危険な存在として輝きを放った。スルーパスを味方が仕留めてくれていれば、間違いなくMOMだった。
 

横浜――2トップのふたりは及第点に届かない出来。

FW
17 富樫敬真 5.5(59分 OUT)
49分にはCKからフリーでシュートを放つも枠に飛ばせず。3戦ぶりの先発のチャンスをモノにできなかった。
 
9 カイケ 5.5(74分OUT)
42分にクロスの流れから決定機を迎えるも、ボールコントロールを乱して逸す。周囲との関係性は良かったが……。
 
交代出場
FW
16 伊藤 翔 5.5(59分IN)
決勝ゴールを期待されて投入されるも、チャンスに上手く顔を出せなかった。もっと強引にボールを呼びこんでも良かった。
 
MF
19 仲川輝人 5.5(74 IN)
左サイドに流れるプレーからクロスを送ったが、上質なボールは上げられず。点を奪えないチームを後押しすることはできずに試合終了を迎えた。
  
監督
エリク・モンバエルツ 5.5
後半早めに伊藤、中川を投入するも奏功せず。最後まで決勝ゴールを導き出す方程式を導き出せなかった。
 
※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。
 

1/3ページ

最終更新:7/31(日) 6:30

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ