ここから本文です

【川崎】車屋紳太郎のプロ初ゴールの陰に中村憲剛の妙技あり。「構図は俺の頭のなかにできていた」

SOCCER DIGEST Web 7/31(日) 7:00配信

緻密に練られたパスが車屋のゴールを演出した。

[J1第2ステージ6節]湘南2-3川崎/7月30日/Shonan BMWスタジアム平塚
 
 J1第2ステージ6節・湘南戦は計5ゴールが生まれた乱打戦に。この試合の主役を挙げるとすれば、やはり2得点に絡んだ車屋紳太郎だろう。

【湘南 2-3 川崎 PHOTO】壮絶な打ち合いは川崎が制す。車屋は2ゴールに絡む活躍

 快足が売りのこのSBは、32分に「ビッグブリッジ」や「裏街道」などと呼ばれるフェイントで、対峙する藤田征也をかわすと、そのままシュートに持ち込んでプロ初ゴールを挙げる。さらに48分には再び藤田をかわし、大久保嘉人のゴールをアシスト。まさに出色の出来で、試合後にはサポーターによる車屋の応援歌が長い間響いていた。
 
 ただ、この左SBの活躍の陰には、中村憲剛の絶妙なお膳立てがあった。
 
 湘南戦でボランチとして先発した中村は、監督からの指示で前半途中に左サイドハーフにポジションを移す。
 
 「監督から変われと言われて(サイドハーフに移った)。岡本(拓也)選手とか藤田選手が、俺がそこから中に入った時にどうやってポジションつくかなと思いながらやっていた」
 
 中村はサイドハーフに入った時に、湘南守備陣の動きを観察していた。
 
 「(先制点の場面は)エウソン(エウシーニョ)からだったと思うんですけど、俺のところにボールが来たら、藤田選手と紳太郎が1対1になる構図は俺の頭のなかにできていた。
 
 岡本選手が俺のところに寄せに来てるから、藤田選手へのカバーはない。しかも4番の選手(アンドレ・バイア)はカバーが遅れるというスカウティングだった。とにかく紳太郎は1対1が強いから、『いけ!』っていう意味も込めてパスを出した。それでしっかり決めたからねえ、凄いなと思った」
 
 緻密に練られたパスが車屋のゴールを演出。戦況を読む能力に長ける中村ならではの妙技だった。さらに驚くべきは、2点目のシーンもこの〝立役者″からのパスだった。
 
 「2点目のほうが好きだけどね。シューッと長いボールを裏に出したパス」
 
 車屋のクロスを大久保がワンタッチで押し込み決めた川崎の2点目。この場面でも、車屋のスピードを生かすため前方の空いたスペースにスルーパスを送り、またもや、車屋と藤田の1対1の局面を作り出した。
 
 「『車屋使い』って呼んで」
 
 相手を観察し、動きを読み取る頭脳とそれを実践する技術。車屋の活躍の陰には、中村の妙技があった。
 
取材・文:多田哲平(サッカーダイジェストWEB編集部)

最終更新:7/31(日) 7:00

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。