ここから本文です

【ブラジル戦速報】日本、0-2で敗れる。後半はカウンターからチャンス作るもゴールは遠く

SOCCER DIGEST Web 7/31(日) 4:55配信

粘り強く凌いでいたものの、ついにゴールを割られる。

 五輪本番前の最後のテストマッチとなるU-23日本対U-23ブラジルは、現地時間の7月30日16時30分(日本時間31日4時30分)にキックオフされた。

【親善試合|U23日本代表×U23ブラジル代表 PHOTOギャラリー】

 日本はGKに中村を起用。DFは右から室屋、塩谷、植田、藤春、MFはボランチに遠藤、原川が入り、2列目には右から矢島、中島、南野と並び、1トップには興梠が起用された。



 立ち上がりからブラジルがボールを支配。日本は自陣でブロックを構築し、カウンターを狙う展開となった。ポゼッションでは主導権を譲った日本だが、堅実な対応でゴールを許さない。17分にはフェリペ・アンデルソンに決定的なシュートを許したが、GK中村がビッグセーブでこれを阻止した。

 さらに21分にはジェズスにエリア内至近距離からシュートを放たれるも、ここは枠を捉え切れなかった。

 20分以降、日本はブラジルの波状攻撃を受け、押し込まれる展開が続く。

 29分、ブラジルはネイマールのドリブル突破から最後はラフィーニャがヘッドで狙うも、枠を外れた。

 しかし33分、クーリングブレイクを終えたファーストプレーで、ブラジルはバルボサが中央をドリブル突破すると、そのまま左足でシュートを放つ。これが植田に当たって、日本ゴールに吸い込まれた。ブラジルが先制点を挙げる。

 37分、ブラジルはチアゴがバイタルエリア付近からクロスバー直撃の左足ミドル。直後の38分にはネイマールが直接FKを狙うと、またもクロスバーを叩いた。

 40分、ブラジルはバルボサが至近距離から狙うが、中村が再びビッグセーブでゴールを死守。しかし、直後のCKからマルキーニョスにヘディングシュートを叩き込まれ、0-2とリードを広げられた。

 前半はブラジルが2点をリードして終了した。

 日本は後半、中村に代えて櫛引、矢島に代えて浅野、原川に代えて大島を投入してキックオフに臨んだ

 日本は立ち上がり、浅野がスピードを活かした突破でサイドを攻略。際どいクロスを入れ可能性を感じさせる。

 51分にレナトの決定的なシュートは枠を外れる。その直後、日本は遠藤のパスカットから興梠、中島とつなぎ、決定的なチャンスを迎える。しかし中島のシュートは相手GKの好守に阻まれた。

 日本は中盤にスペースが空き出した70分以降、中島、南野を起点にカウンターを繰り出していく。

 77分、日本は遠藤に代えてトレーニングパートナーの富安、中島に代えて同じくトレーニングパートナーの小川を投入した。

 85分、日本は途中出場の亀川がカットインからシュートを放つものの枠を捉え切れない。

 後半アディショナルタイム、ブラジルはネイマールがエリア内に入り込み、切り返しからシュートを放つが、岩波がブロックし、ゴールを許さない。

 結局後半、スコアは動かず。日本はブラジルに0-2で敗れた。日本は現地時間の8月4日に、ナイジェリアとのリオ五輪グループステージ第1戦を迎える。

最終更新:7/31(日) 10:54

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。