ここから本文です

【リオ五輪】ブラジルに完敗も興梠はポストプレーに手応え「大事なのはナイジェリアとの初戦」

SOCCER DIGEST Web 7/31(日) 7:11配信

「自分の持ち味であるポストプレーはある程度できた」

[国際親善試合]U-23日本 0-2 U-23ブラジル 7月30日(現地時間)/ブラジル・ゴイアス州

【親善試合|U23日本代表×U23ブラジル代表 PHOTOギャラリー】



 スコア以上に差を見せつけられた一戦だった。金メダルを狙う地元ブラジルが、ネイマールを中心とした華麗なパスワークと局面での身体の強さ、技術の高さで日本を圧倒した。指揮官も「鍛えられましたね」と苦笑いするしかない完敗だった。

 最前線で孤軍奮闘を見せた興梠も彼我の違いを実感した。しかし、これが大きな意味を持つ一戦だというわけではない。「違いを見せつけられてしまった」のは確かだが、「大事なのはナイジェリアとの初戦。そこで今日みたいな結果にならないようにしたい」と前を向く。

 なにより、頂点を現実的な目標とする強豪を相手に自分のストロングポイントが通用したことに大きな手応えを感じた。
「自分の持ち味であるポストプレーがある程度通用することは分かった。課題はまだまだあるけど、大会までに修正して臨みたい」

 前半には右サイドに流れながら、後方からのボールを収め、矢島とのパス交換から原川、南野とつなぎ、相手ゴール前に侵入するチャンスも作り出している。

 チームに合流してまだ半月足らず。上積みできる伸びしろは、まだまだ残されている。興梠のポストプレーをさらに活用する意識が高まれば、攻撃にもより厚みが増すはずだ。

最終更新:7/31(日) 12:37

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。