ここから本文です

【G大阪】勝利後の新名物「ガンバ・クラップ」!? EUROで有名となった「ヴァイキング・クラップ」を取り入れ、遠藤保仁は「良いか悪いか分からないけど…」

SOCCER DIGEST Web 7/31(日) 12:32配信

EURO2016を通じて有名となった「ヴァイキング・クラップ」が、Jリーグに進出。

 
 第2ステージ6節G大阪対広島戦後、G大阪サポーターとG大阪の選手たちが一体となって行なった“勝利の儀式”は、これから新名物となりそうだ。

【G大阪 1-0 広島 PHOTO】阿部の値千金のミドルシュートをG大阪が守りきって勝利を掴む!



 スタンドのサポーターに向きったG大阪の選手たちが両手を広げ、リズムに合わせて頭上で手を叩く。すると徐々にそのテンポが速まり、最後はサポーターと選手の手拍子がひとつとなり、心もひとつになった。
 
 これは6月10日から7月10日まで開催されたEURO2016で、大会の目玉となった儀式を取り入れたものだ。通称「ヴァイキング・クラップ(チャント)」「サンダー・クラップ」と呼ばれ、アイスランド代表が披露し、EUROを通じて一躍有名となった。
 
 一部報道によれば、発祥はスコットランドのクラブ、マザーウェルとされ、対戦相手だったアイスランドのクラブが取り入れ、代表のセレブレーションとして定着したという。
 
 そんなヴァイキング・クラップが、いまやJリーグにまで進出。G大阪や横浜が第2ステージで見せているのは、まさにそれだった。
 
 キャプテンの遠藤保仁は、新たな勝利の儀式について「サポーターの方から要望が来たので、それをやっただけ」と、さほど興味はなさそうな雰囲気を漂わせたが、一方でこう続けている。
 
「(新たしい勝利の儀式が)良いか悪いかは知らないですけど、せっかく良いスタジアムですし、どのチームもああいうのをやっていないので、新しいものをトライしながら、ああいうのをやり始めるのはいいことなのかなと思います」
 

新たな勝利の儀式は洗練され、「ガンバ・クラップ」となるか!?

 
“ヴァイキング・クラップ”で広島戦の勝利を祝った後、吹田サッカースタジアムに訪れたG大阪サポーターの評判は上々だ。

 SNSを通じて多くの人が映像をアップし、「これからガンバの新名物になりそう!」「一体となれて気持ち良かった」「新鮮で楽しかった」などの声も上がっている。
 
 G大阪サポーターから提案されたセレブレーションを、選手とクラブが受け入れる形となったが、新たな勝利の儀式はまだ始まった定着し始めたばかりだ。

 これから積み重ねるごとに洗練され、“ガンバ・クラップ”となるか。チームとともに、儀式の進化からも目が離せない。
 
 
取材・文:大木 勇(サッカーダイジェスト編集部)
 
 

最終更新:8/1(月) 17:18

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。