ここから本文です

【リオ五輪】なぜ「みんなで間合いを取ってしまった」のか? 遠藤航が語る失点要因と完敗から掴んだもの

SOCCER DIGEST Web 7/31(日) 13:30配信

「ブラジルはそれまでに『出して動いて』というのを繰り返していた」

[国際親善試合]U-23日本 0-2 U-23ブラジル/現地7月30日/ブラジル・ゴイアニア
 
 完敗だった。個の力の差も歴然としたものがあった。ボランチとして攻守のバランスを担う遠藤航もひしひしと、ブラジルの実力を体感していた。

【PHOTOギャラリー】U-23日本 0-2 U-23ブラジル

 

「もちろん、アジアでやっている時とは違ったし、何気ないドリブルのスピード感や普通だったら抜かれないと思うような場面で一歩前に入って来るとか。そういうシーンが特に前半は多かった」
 
 最初の失点は、クーリングブレイクの直後。全員で集中力をもう一度高めたはずだが、ついに粘り強く維持してきた守備網が決壊した。遠藤が最初の失点の要因を語る。
 
「給水中にみんなで我慢していこうという声掛けはあったんですけど、あの場面はみんなパスコースを消すことを考えすぎた。動き出した選手に対して、みんなが間引いてしまってドリブルをするコースを開けてしまった。相手はそれまでに、『出して動いて』というプレーをずっと繰り返していたからこそ、ああいう感じになってしまったと思う」
 
 水際で粘り強く対応してきた日本だったが、失点シーンでは「取りに行きたくても行けないような間合いの取り方」(遠藤)に、対応が遅れてしまったのは否めない。意識下に刷り込まれた恐怖心が出足を鈍らせたとも言える。
 
 しかし、今回のブラジル戦によって、今大会のトップレベルの感覚を味わえたことは決してマイナスではないはずだ。遠藤もそのことをポジティブに捉える。
「前半はけっこうやられてしまったけど、自分のなかで間合いを掴めた部分もある。今日こういう相手と戦ったことで、一人ひとりの判断も磨かれたと思う」
 
 五輪グループステージの初戦・ナイジェリア戦まであと5日。遠藤自身も、本番を前に改めて自らの立ち位置、スタイルへの確信を深めたようでもある。
「やっぱり自分たちの戦い方としては、しっかり我慢強く戦うことがベースになると改めて感じた。前半をしっかり抑えられるか、ブロックを引いたなかでいかに縦に速く攻められるか。そこを意識してやっていきたい」
 
 ナイジェリア、コロンビア、スウェーデンと強豪揃いのグループに挑む日本。ブラジル戦は最高のスパーリングとなったかもしれない。

最終更新:7/31(日) 15:52

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。