ここから本文です

【総体】ミラクル昌平、初出場4強入りの原動力はライバル心!? 10番松本が見せた貪欲さ

SOCCER DIGEST Web 7/31(日) 17:20配信

「ゴールの場面は自分の欲がかなり出たと思う」

[インターハイ男子準々決勝]昌平(埼玉1)1-0 静岡学園(静岡) 7月31日/広島広域公園第一球技場
 
 ミラクル昌平の勢いが止まらない。初出場の昌平が1-0で静岡学園を下して初の4強入りを果たした。
 
 昌平は、連覇を狙っていた第1シードの東福岡(福岡)を破る金星を挙げており、勢いに乗っている。巧みなポゼッションでゲームの主導権を握る昌平の攻撃において、必ず目立つのがゲームメーカーの針谷岳晃とストライカーの本間椋だ。
 
 ボールキープを得意とする針谷のスルーパスやミドルパスの精度に観客がどよめき、スピードを生かして徹底的に相手の背後へ走る本間がチャンスを作り出す一連の流れは、この試合でも同じだった。
 
 前半終了間際、GKのロングキックに抜け出した本間が相手DFのファウルを誘い、静岡学園のDF天本翔太が一発退場。後半は、一方的な昌平ペースとなった。
 
 そして後半15分、針谷が左サイドへ展開すると、背番号10の松本が本間にボールを預け、本間がドリブルをしている間に松本は相手の背後へランニング。リターンパスをもらうと、遅れて来たDFを切り返しでかわし、GKの位置を確認してファーサイドへカーブをかけたループ気味の技ありシュートを叩き込んで先制点を奪った。
 
「最初は左足で打とうとしたけど、相手が滑り込んで来るのが分かったので切り返したら、GKの位置がよく見えて、あそこしかないなと思った。日頃から練習していた形が出たと思う」という手応えのある一撃だった。
 
 針谷、本間に絡んだ「第3の男」松本は、カットインシュートを得意とする技巧派MF。攻撃の主軸のひとりだが、ここまではふたりの活躍に隠れていた印象がある。内心、オレも……という気持ちはあっただろう。得点の場面では、追い越す動きでボールを要求した。
 
 松本は「本間に入ると、アイツが速過ぎて追いつけないことが多い。でも、今日の得点の場面は、自分が決めるしかないと思って走った。ゴールの場面は、自分の欲がかなり出たと思う。今大会でなかなかうまく結果を出せていなかったけど、今日で得点に絡めたことは大きかった。(宿泊先の)旅館でも自分なりに試合を振り返って反省していた。前回の試合では、運動量が少なく、攻守の切り替えも遅かったので、今日はスプリント回数を増やした」と、得点への欲求とランニングを仕掛けた理由を明かした。
 

【総体】都道府県別&出身チーム別 出場選手数ランキング

1/2ページ

最終更新:7/31(日) 17:20

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ