ここから本文です

浅草のカレーイベントでご当地の味を食べ比べ!

東京ウォーカー 8/1(月) 7:00配信

8月1日(月)から7日(日)の期間中、浅草のまるごとにっぽんにて「ふるさとカレーグランプリ」を開催。日本各地の市町村から11種類のご当地カレーが参加する。

【写真を見る】博多和牛のスネ肉や肩肉、スジ肉、ランプなどの部位を使用して作った、市内のお肉屋さん特製の「柳川黄金博多和牛カレー」

■ 蕎麦やピーマンを使ったカレーも

北海道や鹿児島県など、地元の名産を使ったアイデア満載のカレーの中からグランプリを決めるグルメイベント。各日4種類ずつ登場するカレーがセットになったワンプレートを500円で販売※8月2日(火)のみ3種類。8月1日(月)から3日(水)までは予選を行い、8月6日(土)と7日(日)に決勝戦を開催。グランプリになったカレーは、館内の「Caf M/N」にて期間限定のメニューとして販売される。また、開催中は出場している地域の名品・名産を集めた「ふるさと物販」も行われる。※8月4日(木)・5日(金)は物産展のみ開催

■ ご当地カレーがズラリ

8月1日(月)は、福岡県柳川市の稲わらを主食に育てられた博多和牛が入る「柳川黄金博多和牛カレー」、8月2日(火)には山形県村山市の特産、蕎麦の実がたっぷりと入った「あなたのそばに、そばカレー」がお目見え。8月3日(水)は、大分県豊後大野市の野菜ソムリエが考案した緑色のルーが特徴の「まるごとピーマンカレー」など、個性あふれるメニューがノミネートされている。

「地域のこだわりの食材を生かした、地方色豊かなカレーがエントリーしております。どのカレーも甲乙つけがたい”まるごと×ふるさと”のカレーをご賞味ください」(まるごとにっぽん商品部の三橋さん)。

都心にいながら、全国の地元食材を盛り込んだふるさとカレーが味わえるイベントに訪れてみては。【東京ウォーカー】

最終更新:8/1(月) 7:00

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。