ここから本文です

トリンドル玲奈「大丈夫だけど、見られたら恥ずかしい」

Smartザテレビジョン 8/1(月) 14:42配信

「カフェオーレの日」に制定された8月1日(月)、都内のホールで江崎グリコのPRイベントが開催され、トリンドル玲奈とロバート秋山竜次が出席した。

【写真を見る】上半身裸の秋山竜次にカフェオーレを飲ませて落ち着かせるトリンドル玲奈

トリンドルは「カフェオーレはどんな現場に行っても置いてありますし、雑誌の撮影の合間ですとか、今はドラマの撮影をしているのでその合間だったりとか、朝に飲むこともありますし、おうちにいるときはご飯食べて、ちょっと『はぁ~』っていうときに甘い物が欲しくなるじゃないですか、そんなときに飲んだりしています」と明かし、日常生活に欠かせないことをアピール。

“3時の、ひとゆるみ。”をコンセプトにしたカフェオーレ。トリンドルはストレス発散について、「日記を最近書いておりまして、日記を書いているとストレスとかなくなりますよ(笑)。ほぼ毎日夜お風呂入る前に書くんです。見られても大丈夫といえば大丈夫なんですけど、見られたらちょっと恥ずかしいかな。

3ページくらい書くこともあれば、きょうは書きたくないなっていうときには『きょうはあんまり書きたくないな』で終わることもあります」と告白し、気になる具体的な内容については明かさなかった。

そしてイベントには“笑いでひとゆるみ。”させるというロバート秋山竜次も登場。持ちギャグでもある“梅宮辰夫ネタ”を披露するなど会場を盛り上げた。

最終更新:8/1(月) 14:42

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
12月7日

特別定価:350円

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。