ここから本文です

彼が結婚するべき運命の人だという18のサイン

ハーパーズ バザー・オンライン 8/1(月) 15:51配信

1. いつもあなたのことを誇らしげに話す。

あなたが仕事で昇進するとか、ただ単にコンサートのチケットに当選しただけだったとしても、あなたがそのことを誰かに話そうと思う前に、彼はあなたの知り合いにそれらのニュースを伝えずにはいられない。なぜなら彼は(たぶんあなたのママの次に)あなたの大ファンだから。

2. あなたのためなら犠牲をいとわない。

--そしてあなたも彼に対してなら喜んで同じことをする。あなたが新しい仕事を得た、大学院を卒業したといったようなとき、あなたと一緒に暮らすために違う街に引っ越すだろう。あなたも彼の転機のためなら、次のステップへと喜んで動くはず。

3. あなたと同じ価値観を共有している。

二人とも子どもを望んでいて、子どもの世話を平等に分担しようと思っているとあなたは知っている。または、二人とも子どもを望んでいて、彼がしっかりと育休を取りたいと思っているのを承知している。もしくは、あなたが毎日自分のために45分間ジムへ通うことや、5年後には家を購入して郊外に引っ越す計画があるといったことに同意している。二人はよく話し合っているので、お互いの人生にとって最も重要な事項に関して意見が一致しているとわかっているのだ。

4. 何年も一緒にいたとしても、彼はいまだにちょっと礼儀正しく接してくれる。

例えば、あなたのためにドアを開けてくれたり、一日中ハイヒールを履いていたために足がちょっと痛くて、もう1ブロック歩くのに耐えられないなんてときに、玄関先まであなたを運んでくれたりするなど。

5. あなたを変えようとしない。

あなたが彼よりも散らかし魔で、いつもペットの猫を欲しがっていて、命をつなぐために料理することができないと彼は知っていても、そうしたすべてを彼は受け入れてくれる。

6. 彼との結婚を意識したとき、結婚式ではなく、一緒に生きていくという考えがいちばん大事。

結婚式は楽しいけど、本当はその直後の誰にも邪魔をされないハネムーンの2週間が待てないはず。

7. 遠距離恋愛を乗り越えた。

厳しく困難だったけど、お互い強く愛し合っていたので、心の中にひとつのゴール……遠距離恋愛が終わった暁には、同じ場所で暮らして一緒になること、を抱いて、それを乗り越えるために必要な犠牲を払うことができた。

8. 「I miss you」だけが、あなたが伝える甘い言葉じゃない。

なぜならそれは、本当のことだから。二人で会ったときから、そんなに長い時間(例えば2時間)が経っていなかったとしても、だ。

9. ルームメイトを持つのは好きじゃないし、自分自身のスペースを確保したいけれど、それ以上に彼と一緒に暮らしたいと思っている。

1日の終わりが待ち遠しい。なぜなら仕事が終わるからではなく、また彼に会えるから。

10. 仕事や友人についてなど、何であれ聞いてほしい話があるときはいつでも、彼が真っ先に伝える相手。

かつては両親や友人たちがこうした話題を一番先に伝える相手だったけれど、今では昔ほど頻繁に彼らに電話することはない。彼らはあなたがどれだけ幸せか知っているので、心配していないけど。

11. 6カ月後や1年後といった将来の物事を計画するストレスがない。

飛行機のチケットをキャンセルしなくてはならないとか、最終的に連れの分は必要ないと言わなければならないことを心配することがない。彼との関係が揺るぎないものだからだ。

12. 臆面もなく彼の前で泣ける。

彼は心配するべき場合と、あなたがただ映画のシーンに引っかかって泣いているだけなのかを分かっている。

13. 友人たちが彼らのパートナーやデート相手について不満を言うときに、あなたはあまり役に立てないので、無口になってしまう。

自慢したくはないけれど、あなたのパートナーは最高なので、そうしたナンセンスな物事に対処する必要がないのだ。

14. 彼はあなたの家族とも親しく、あなたが彼の家族ともそうなるよう取り計らってくれる。

彼は迷うことなくあなたの父親や祖母に電話をかける。彼が行けなかったとしても、あなたが彼の甥っ子のバースデーパーティに行くのも当然のこと。

15. あなたの友人のことも気にかけてくれる。

もしもあなたの友人の誰かがツイていない日を送ったとしたら、彼はあなたに彼女のところへ行って一緒に過ごすことや夕食への招待を提案してくれる。もし、しばらく彼女の近況を聞いていなかったとしたら、彼女は元気かと尋ねるだろう。

16. 彼はあなたに八つ当たりさせてくれる。

ときどき、何かがあなたを苛立たせたときに、あなたは何度も繰り返し八つ当たりしてしまう。彼はこれにイラついたりせず、あなたの謝罪を退ける。こうした状況で彼を悩ませるただ唯一のことは、あなたがイラついているということで、彼はただあなたがそうならないことを願っているのだ。

17. 唐突に、あなたがホットだと伝える。

そしてそれはあなたが髪を乾かしていなかったり、メークをしていなかったり、Tシャツやスエットパンツを取り替えていない日だったりするのだ。

18. 喧嘩をすることなくずっと一緒に旅するといったようなことができる。

空港で、ランチをとりながら激しい喧嘩をしていて、どちらかが涙ぐんで室内なのにサングラスで顔を覆い、ターミナルで3席占領して横たわっているような悲劇的なカップルを目撃した(もしくは私たち自身がそれだった)ことがあるはず。あなたは、パートナーとこうした喧嘩なしにどんなつまらない状況でも一緒に楽しむことができる。

最終更新:8/1(月) 15:51

ハーパーズ バザー・オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ハーパーズ バザー

ハースト婦人画報社

2017年1・2月合併号
2016年10月20日発売

特別定価:700円

1867年にNYで誕生した世界初の女性
ファッション誌『ハーパーズ バザー』。
厳選された情報を美しいビジュアルと
ともに発信しています。

ハーパーズ バザー・オンラインの前後の記事