ここから本文です

四大中華料理の特徴や違いがわかるサイト

ライフハッカー[日本版] 8/1(月) 12:10配信

こんにちは。ココロ社です。

先日、ふと担担麺が食べたくなって(「ふと」もなにも、担担麺が大好きなため、常に食べたいと願っておりますが)、中華料理の店に入ったら...メニューにない!

そうです。入った店は広東料理の店で、担担麺はよく考えたら四川料理じゃないですか......。

最近は「中華料理」だけじゃなくて、「四川料理」や「北京料理」など、地方の名前が入っている店も多いし、せっかくだからその店の名物をいただきたいところ。そこで役に立つのが味の素のCookDoのサイト『CookDo飯店(http://www.ajinomoto.co.jp/cookdo/cookdohanten/index.html)』です。


四大中華料理の特徴について、かわいらしいイラストやわかりやすい写真で、つい読み耽ってしまいます。あと、デートのときに受け売りできて株が上がるかもしれませんね。「実は、唐辛子が中国に伝わったのは17世紀、明の末期なんだよね~!」などと、偉そうに言ってしまいそう!

ちなみにわたしは週末は四川料理の店に行きたいと思ってます。今度こそ担担麺を...しかも本場の汁なしのを食べる!


[CookDo飯店]

(ココロ社)

最終更新:8/1(月) 12:10

ライフハッカー[日本版]

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

最新ITサービス使いこなしガイド
ビジネス向けガジェット/ツール紹介
いま使える節約マネーハック術
モチベーションを上げるマインドハック

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。