ここから本文です

京都は宗教の“集積回路”だった? 京都最強のパワースポット、伏見稲荷・鞍馬山が新宗教なワケ

サイゾー 8/1(月) 15:00配信 (有料記事)

――京都といえば、神社仏閣が欠かせない。そして、そこにはさぞかし深い歴史があるのだろうと思いがちだが──実はその神社仏閣、意外にも近代に成立した、新宗教のものかもしれないことをご存じだろうか? ここでは、京都市内における2大新宗教スポットから、その歴史的意義を再検証していきたい。

 古都・京都観光の醍醐味といえば、神社仏閣巡りだろう。清水寺や平安神宮などは修学旅行の鉄板スポットになっているし、金閣寺や銀閣寺をはじめ、世界遺産になっているところも少なくない。しかし、千年の歴史を並走してきた京都の神社仏閣において、実は新宗教の管理下にあるものが多いことは、あまり知られていないのではないだろうか。日本における新宗教とは、一般に幕末・明治維新以降から近年にかけて創始された比較的新しい宗教を指すわけで、その歴史を見れば該当しないと思われるかもしれない。しかし、管理する“宗教法人”で見れば、冒頭の清水寺や平安神宮も、“新宗教”であることは明らかだ。

 そこでここでは、そんな新宗教事情を掘り下げることで、京都の信仰の本質に迫っていきたい──。

 京都の新宗教を語る上で、上智大学神学部特任教授であり、グリーフケア研究所所長の島薗進氏はまず、「伏見稲荷大社の本殿の裏にあたる、稲荷山に設けられたお塚群が非常に重要だ」と指摘する。本文:10,187文字 この記事の続きをお読みいただくには、サイゾーpremium for Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    432円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    378円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

最終更新:8/1(月) 15:00

サイゾー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

サイゾー

株式会社サイゾー

2016年12月号
11月18日発売

定価980円

【視点をリニューアルする情報誌】
第1特集:人気映画の裏話
第2特集:「アスペ」増殖論争勃発か?
第3特集:「春画」ブームの正体

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。