ここから本文です

京都は宗教の“集積回路”だった? 京都最強のパワースポット、伏見稲荷・鞍馬山が新宗教なワケ

サイゾー 2016/8/1(月) 15:00配信 (有料記事)

――京都といえば、神社仏閣が欠かせない。そして、そこにはさぞかし深い歴史があるのだろうと思いがちだが──実はその神社仏閣、意外にも近代に成立した、新宗教のものかもしれないことをご存じだろうか? ここでは、京都市内における2大新宗教スポットから、その歴史的意義を再検証していきたい。

 古都・京都観光の醍醐味といえば、神社仏閣巡りだろう。清水寺や平安神宮などは修学旅行の鉄板スポットになっているし、金閣寺や銀閣寺をはじめ、世界遺産になっているところも少なくない。しかし、千年の歴史を並走してきた京都の神社仏閣において、実は新宗教の管理下にあるものが多いことは、あまり知られていないのではないだろうか。日本における新宗教とは、一般に幕末・明治維新以降から近年にかけて創始された比較的新しい宗教を指すわけで、その歴史を見れば該当しないと思われるかもしれない。しかし、管理する“宗教法人”で見れば、冒頭の清水寺や平安神宮も、“新宗教”であることは明らかだ。

 そこでここでは、そんな新宗教事情を掘り下げることで、京都の信仰の本質に迫っていきたい──。

 京都の新宗教を語る上で、上智大学神学部特任教授であり、グリーフケア研究所所長の島薗進氏はまず、「伏見稲荷大社の本殿の裏にあたる、稲荷山に設けられたお塚群が非常に重要だ」と指摘する。本文:10,187文字 この記事の続きをお読みいただくには、サイゾーpremium for Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    432円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    378円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

最終更新:2016/8/1(月) 15:00

サイゾー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

サイゾー

株式会社サイゾー

2017年1月号
12月19日発売

定価980円

【視点をリニューアルする情報誌】
第1特集:SEX、ドラッグ&医療
第2特集:ハイスタの功罪
第3特集:過激度120%の「社会学」グラビア

Yahoo!ニュース公式アプリ

都道府県ニュース、防災情報もこれひとつ!