ここから本文です

その痛みは「筋膜の癒着」?首や肩の痛みをとる「筋膜リリース注射」に注目!

OurAge 8/1(月) 11:12配信

首、肩、足腰の痛みやしびれに悩まされている人は多い。痛みの原因として、今までは神経や骨ばかりが注目されていたが、最近急速に注目を集めているのが「筋膜」だ。
「慢性化した首・肩や足腰の痛みは、筋膜性疼痛症候群であることが少なくありません。筋膜(筋肉を覆う薄い膜)が癒着することで、痛みやしびれを発症するのです。この癒着した部分に生理食塩水を注入し、筋膜をはがしていきます」と言うのは「麻布ぼだい樹クリニック」院長の久田義也さん。

以前は手探りで行っていたのが、最近はエコー画像で部位を特定して、的確に処置ができるようになったそう。上がらなかった腕や歩行困難な状態も、1回の治療で痛みがやわらぐと話題になっている。久田さんのクリニックには、アラフィフ世代の来院も多いそうだ。

治療としては、まずは問診で、痛みが発生する姿勢や動作、生活習慣などを聞き、痛みの原因になっている筋肉を推定。癒着している部分をエコー画像で確認しながら、注射で生理食塩水を注入する。症状により数カ所に行い、筋膜をはがしていくと、痛みが軽減し、体が動くようになるのだという。

エコー画像では、筋膜が癒着しているところが白く束のようになって見える。ここに生理食塩水を注入すると、ぱっと筋膜(白い部分)がはがれ、黒く変わっていくのがわかる。人の体液と浸透圧が同じ生理食塩水を使用しているので、副作用がほとんどないことも、この療法の利点だそうだ。

最終更新:8/1(月) 11:12

OurAge

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。