ここから本文です

メリル・ストリープ、『メリー・ポピンズ』続編に出演交渉中!

VOGUE JAPAN 8/1(月) 22:00配信

メリル・ストリープが新作『メリー・ポピンズ・リターンズ』の出演交渉に入っているという。出演が決まれば、1964年の前作『メリー・ポピンズ』では登場していなかったメリーのいとこトップシー役を演じることになり、バラエティ誌はメリルが本作で『イントゥ・ザ・ウッズ』や『マンマ・ミーア!』で見せた歌唱力をまた披露してくれることになるだろうと報じている。

メリル・ストリープの関連フォトギャラリー。

前作ではジュリー・アンドリュースが演じ、バンクス家の子供たちジェーンとマイケルをアドベンチャーへと連れだす魔法が使えるナニーのメリー役を、続編ではエミリー・ブラント(33)が演じることが決定している。

原作のパメラ・トラバースの童話『メアリー・ポピンズ』は8冊から構成されており、前作は1冊目の本を元に製作されていた。続編は残り7冊部分にフォーカスを当てていくことになり、公式サイトが発表している同作品のあらすじには、「大恐慌時代のロンドン。大人になったジェーンとマイケル・バンクス、そしてマイケルの3人の子供たちが苦境に立たされているところに再びメリー・ポピンズが訪れる。メリーは友人ジャックの力を借りて、魔法で家族たちに生きる楽しみを見つけ、見失った人生を取り戻す手助けをする」と記されている。

続編初登場キャラクターで、街灯を灯す仕事をするメアリーの友人ジャック役はリン=マニュエル・ミランダが演じることになっている。

『メリー・ポピンズ・リターンズ』は2018年12月に公開を予定している。

Text by Bangshowbiz

最終更新:8/1(月) 22:00

VOGUE JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

【VOGUE JAPAN】

コンデナスト・ジャパン

2017年1月号
2016年11月28日発売

700円(税込み)

「超豪華!国内外の「OVER THE TOP」な女性たちの大特集
「Women of the Year」、「VOGUE BEAUTY AWARD」を発表」

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。