ここから本文です

東京ヤクルト・山田、高校時代の勝負弱さを練習と意識で克服。同世代のトップ選手へ

ベースボールチャンネル 8/1(月) 11:00配信

低調だった2年生のPL学園戦

 31日、第98回全国高校野球選手権大会大阪大会の決勝戦が行われた。
 プロ注目の寺島成輝がエースとして君臨する履正社は金光大阪を12―0と圧倒。6年ぶり3度目の夏出場を勝ち取った。

 その履正社を経てプロに入り、大成したのが東京ヤクルトスワローズの山田哲人だ。

 2015年にトリプルスリーを達成するなど爆発的な活躍を見せ続けているが、その高校時代は、入学当初から高い能力を生かしてきたわけではなかった。

 彼が3年生の春を迎えるころまで、“普通のショート”の域を少し出たくらいの評価だった。

「ここイチ(ここ1番の場面)弱かったですからね」

 かつての山田が自身のパフォーマンスを嘆いていたのは大事な場面での勝負弱さだ。

 特に記憶にあるのが、同学年のライバルでPL学園の吉川大幾(中日~巨人)との直接対決で敗れた2年秋の大阪大会準々決勝のことだった。

 試合は山田のいる履正社が先制点を挙げながら、その直後の満塁のピンチで、山田がセンターと遊撃手の間の飛球を捕ることができず、そこから3失点。攻撃面でも山田はチャンスで凡退するなどノーヒットに終わり、敗れたのだ。翌春のセンバツ出場が掛かった大事な一戦で山田は低調なパフォーマンスに終始した。

「ココという試合やチャンスの場面で全然打てなかった。どうでもいい試合では打てるんですけど、(ライバルの)PL学園との試合やチャンスで結果を出していないんで、目立っていなかったと思います。正直、バッターボックスに入ってちびっていました。自信がなくて……そういうところから負けていた」

T-岡田から学んだプロの意識

 そうなる要因は山田自身の意識の低さからだった。
 当時の山田はプロを夢見てはいた。しかし、それは漠然としてでしかなく、プロに行くためにはどうすべきかの青写真を描けていなかった。高校時代の恩師・岡田龍生監督は「この子は、本当に私学で野球をやりたいと志してうちに来たんかな」と話していたことがあった。

 ところが、このPL学園戦のあと、山田は意識を変える。自分の責任で試合に負けたことが引き金になり改心したのだった。翌年のドラフトには自分が必ず指名されるのだと練習の取り組みから意識を変えたのだ。

 なかでも、当時の山田を後押ししたのは、同年、パリーグのホームランのタイトルを獲ったばかりの先輩・T‐岡田(オリックス)の存在だ。その年のオフ、母校の履正社にトレーニングにやってきた時、T‐岡田からプロの意識を目の当たりにし、山田は取り組みを変える決心したとこう回想している。

「それまでの僕は打って『アウトや』と思ったら、ゆっくり走っていました。そういうところから、全力で走るとか、何事も全力でやるようになりました。それはT‐岡田さんから言われました。一つ一つを大事にして、野球を考えて取り組めと。日ごろからの毎日の積み重ねが大事だと言われました。PLに負けた秋の悔しさ、ドラフト、岡田さん、すべてが重なりました」

 練習では手を抜かないのはもちろんのこと、「ここイチ」の強さを育むため、フリーバッティングであっても、常に実戦を想定してとりくんだ。ただ好き勝手に打つのではなく、場面を描く。“2アウトランナー三塁、1点負けている”、という風にだ。

「練習からプレッシャーを掛けてやっていたので、試合でもプレッシャー慣れというのができてきました。自分はこんだけ練習をやってきたんだという自信を持つことができて、堂々と打席に立って打つことができました。それが春の成績につながりました」

1/2ページ

最終更新:8/1(月) 11:40

ベースボールチャンネル

Yahoo!ニュースからのお知らせ

なぜ今? 首相主導の働き方改革