ここから本文です

「今でも君を誹謗中傷する」 フィーゴの“禁断の移籍”にバルサ時代の同僚が笑顔の恨み節

Football ZONE web 8/1(月) 8:26配信

ストイチコフ氏が16年前のレアル移籍を掘り起こす

 1994年アメリカ・ワールドカップで得点王に輝いた経歴を持つ元ブルガリア代表FWフリスト・ストイチコフ氏が、かつてバルセロナで同僚だった元ポルトガル代表FWルイス・フィーゴ氏のレアル・マドリードへの“禁断の移籍”について口を開いた。スペイン紙「アス」が報じている。

【写真特集】歴代の名手が勢揃い! バルサが売却した「高額移籍金選手トップ10」

 ストイチコフ氏とフィーゴ氏は、バルセロナで共闘していたキャリアを持っているが、2000年にサッカー史に残る“禁断の移籍”が実現。フィーゴ氏はバルサの宿敵レアルの一員となり、今でもバルササポーターからは激しい憎悪の念を抱かれている。

 そんな両者がスペインのテレビ番組で共演した際、ストイチコフ氏が冗談半分に「バルセロナに行く時は今でも侮辱を受けるのかい?」と尋ねると、フィーゴ氏は「いや、してくるのは君だけだね」と、こちらもジョークを交えて返答。するとストイチコフ氏は「もちろんさ、私が君をバルセロナで見かけることがあれば、今でも誹謗中傷をすることになるさ」と、渾身の笑顔で締め括った。

 あくまで冗談交じりのやりとりに終始したものの、16年が経った今でも、“禁断の移籍”はバルササポーターだけでなく、戦友ストイチコフ氏の中でも確かな傷痕を残しているのかもしれない。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/1(月) 9:13

Football ZONE web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。