ここから本文です

必要なのは4カ月。「ストレスを活用し、生産性をアップさせる訓練」とは?

ライフハッカー[日本版] 8/1(月) 21:10配信

鈴木統子鈴木統子 - こころ,モチベーション,仕事術,生産性向上 2016.07.20 11:00 pm
必要なのは4カ月。「ストレスを活用し、生産性をアップさせる訓練」とは?

必要なのは4カ月。「ストレスを活用し、生産性をアップさせる訓練」とは?
リスト


Crew blog:それは、ゆっくりと始まります。心拍数が増える。口の中が渇く。汗がこめかみから頬へとゆっくりしたたり落ちる。そして、バーン! はらわたに一撃。

それが、ストレスです。

人生で避けて通れないもの。その一方で、かなり多くの人たちが自分ではコントロールできないものだと思っています。さらに良くないのは、ないものとして隠したり、無視したりすべきものだと考えることです。

「平静を保とう」とか「進み続けよう」とかいう文句は、Tシャツやトートバッグのロゴとしては悪くないのかもしれませんが、実際の人生に対するアドバイスとしてはどうでしょうか? せいぜい現実逃避の時に使えるくらいでしょう。

ストレスはいろいろな形で生じるものですし、そのタイミングもさまざまです。とはいえ、誰もが身に覚えのあるような、もっともよくあるストレス発生状況の1つが、大きな仕事のすぐ前というシチュエーション。上司に話がある時やカラオケで自分の番がやってきた時、またはスポーツの前など。パフォーマンスの前にやってくるストレスは、正真正銘の本物です。そして、こういったストレスは、あなたのパフォーマンス能力を殺してしまうのです。

でも、もしストレスを有効活用できるように自分の脳を操作できたら、どうでしょう? 恐怖や不安といった感情を、エネルギーやエキサイティングな気持ち、集中力に変換することができたら? ストレスを、あなたにとってのポパイのホウレン草に変えられたら?

夢みたいな話に聞こえますよね。でも、脳がどのようにストレスに対処しているかについての最新の調査によれば、どうやら夢物語でもないようなのです。

1/3ページ

最終更新:8/1(月) 21:10

ライフハッカー[日本版]

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

最新ITサービス使いこなしガイド
ビジネス向けガジェット/ツール紹介
いま使える節約マネーハック術
モチベーションを上げるマインドハック

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。