ここから本文です

チェルシー撃破の立役者DFマルセロ「毎試合がファイナルだ」

フットボールチャンネル 8/1(月) 7:30配信

 インターナショナル・チャンピオンズカップの対チェルシー戦で2ゴール1アシストの活躍を見せたレアル・マドリーのDFマルセロは、「毎試合をファイナルの気持ちでプレーする」ことを目標に掲げた。30日、スペイン紙『アス』が報じている。

【動画】何度みても美しい 中村俊輔の“魔法の左足” 世界4位に認定

 この試合で、全ての得点に絡む活躍で、3-2の勝利に貢献したマルセロは、試合後の会見で「チームはいいプレーができた。(2戦目ということで)初戦より良くなっているが、もっと良くしたい」とコメントし、「我々の目標は、どの試合も決勝戦という気持ちでプレーすることなのだ」と続ける。

 また、チェルシーには、アトレティコ・マドリーへの移籍も噂されているFWジエゴ・コスタも所属しているが、「彼と話しはしたけど、アトレティコについてのことは聞かなかったよ(笑)」と冗談交じりにコメントしている。

 次戦は、元マドリーのカルロ・アンチェロッティ監督率いる、バイエルン・ミュンヘンとの一戦になるが「確かに、カルロは元監督だ。我々と非常にいい関係だったし、彼をリスペクトしている」と述べ、「だが、我々は誰と対戦しようと同じく、常にファイトしなければならない」と意気込みを語った。

 まだ主力の多くがプレーしていない中で、この日キャプテンとしてプレーしたマルセロ。今季でマドリー在籍11年目となる28歳は、発言も、プレーにおいても主力としての自覚が十分だ。

フットボールチャンネル

最終更新:8/1(月) 7:45

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。