ここから本文です

バロテッリ、ベシクタシュ行きは消滅か。監督が獲得否定「計画の一部ではない」

フットボールチャンネル 8/1(月) 8:20配信

 トルコ1部のベシクタシュを率いるシェノル・ギュネシュ監督が、獲得が噂される元イタリア代表FWマリオ・バロテッリについて言及し、獲得意思がないことを明かした。7月31日に英メディア『ユーロスポーツ』が報じている。

【動画】何度みても美しい 中村俊輔の“魔法の左足” 世界4位に認定

 バロテッリは昨季レンタル移籍していたミランからリバプールへと戻って来たものの、指揮官のユルゲン・クロップ監督から戦力外通告を受けた。そのため次の所属先を探している状況だが、先日ベシクタシュのフィクレット・オルマン会長が「我々は彼の獲得を望んでいるし、彼はここへ来ることを望んでいる」と語り、ベシクタシュ移籍が近いことを示唆していた。

 しかし、ギュネシュ監督は「バロテッリは私の計画の一部ではない。私は彼に好印象を抱いていない。私は彼を積極的に欲しいとは思わないよ」と語り、興味がないことを明かしている。これによりベシクタシュ移籍の可能性は低くなったかもしれない。

フットボールチャンネル

最終更新:8/1(月) 8:26

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。