ここから本文です

バルサ移籍のポルトガル代表MFがC・ロナウドに宣戦布告 「ピッチ上のライバルになった」

Football ZONE web 8/1(月) 14:00配信

司令塔としての進化を誓うゴメス 「僕のヒーローはイニエスタなんだ」

 ポルトガル代表MFアンドレ・ゴメスはリーガの強豪バルセロナの一員となったが、母国のエースとの対決を心待ちにしているようだ。レアル・マドリードのFWクリスティアーノ・ロナウドに対して「今はピッチ上のライバルになったんだ」と“宣戦布告”を行ったと、スペイン紙「マルカ」が報じている。

【写真特集】歴代の名手が勢揃い! バルサが売却した「高額移籍金選手トップ10」

 6月から7月にかけて行われた欧州選手権(EURO)で、ポルトガルはキャプテンのロナウドを中心に粘り強い戦いを見せ、悲願の初優勝を飾った。アンドレ・ゴメスは7試合中5試合に出場し、188センチの長身を生かした懐の深さと確かなテクニックで中盤を落ち着かせた。昨季まで所属したバレンシアでも中盤の軸として存在感を放ち、レアルなども獲得に興味を示したが最終的にバルサ加入を選択した。

 ゴメスは「僕にとって常にヒーローは、アンドレス・イニエスタなんだ。僕は彼から学びたいと思っている」と、スペインが誇る絶対的司令塔イニエスタとの競演を心待ちにしつつ、代表では頼れるチームメートだったロナウドとのやり取りについても触れた。

「バルサとサインした僕を祝福してくれた」

「クリスティアーノはバルサとサインした僕を祝福してくれたよ。でも、これからはピッチ上でライバルになるんだ。ナショナルチームではロナウドとプレーできる機会を得た。そして今は、リオネル・メッシの近くでプレーできるアドバンテージを得たいと思っているよ」

 こうロナウドのライバルであるメッシを引き合いに出した。ゴメスはロナウドの8歳下の23歳だが、ハートの強さを感じさせるコメントを残した。現代サッカーが誇る二大クラックをそれぞれ代表、クラブで操ることになるプレーメーカーは、ロナウドとメッシの能力をさらに引き出す司令塔へと成長を遂げられるだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/1(月) 14:00

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。