ここから本文です

ベイル、クロース、ペペ、EURO組合流で、レアルがスーパーカップへ動き出す

フットボールチャンネル 2016/8/1(月) 9:10配信

 レアル・マドリーのガレス・ベイル、トニ・クロース、ペペ、EURO2016で活躍した彼らがいよいよチームに合流し、欧州王者マドリーが本格的に動き始める。31日、スペイン紙『アス』が報じている。

【写真】ベイルは選外…EURO2016のベストイレブン(UEFA発表)一覧

 7月31日、上記3選手がチームに合流した。とはいっても、本体はアメリカ遠征中であり、彼らの移動時間を嫌ったジネディーヌ・ジダン監督の意向で、3人はマドリードでトレーニングを行うことになっている。

 8月9日には最初の公式戦UEFAスーパーカップ(vsセビージャ)が控えており、チーム作りに不安が残るが、『アス』紙によると、ジダン監督はこの3選手抜きでも不安を感じていないということだ。ペペについては、ラファエル・ヴァランとナチョで穴埋めが可能であり、クロースに関しては、ルカ・モドリッチとカゼミーロが9日にはプレー可能であり、残りの1枠をイスコ、ハメス・ロドリゲスらで穴埋めできると計算しているようだ。

 しかし、唯一不安があるとするとベイルだと指摘し、仮にベイルが充分にプレーできないなら、慣れ親しんだ4-3-3を捨て、アルバロ・モラタとカリム・ベンゼマの2トップによる4-4-2で試合に臨まねばならないのではと見ている。

 バカンスの短さ、過密日程は強豪チームの宿命だ。全てのタイトル獲得を目論むマドリーにとっては、スーパーカップも軽視できるものではない。ジダン監督の手腕が問われるシーズンが始まる。

フットボールチャンネル

最終更新:2016/8/1(月) 10:48

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュース公式アプリ

都道府県ニュース、防災情報もこれひとつ!