ここから本文です

ベイル、クロース、ペペ、EURO組合流で、レアルがスーパーカップへ動き出す

フットボールチャンネル 8/1(月) 9:10配信

 レアル・マドリーのガレス・ベイル、トニ・クロース、ペペ、EURO2016で活躍した彼らがいよいよチームに合流し、欧州王者マドリーが本格的に動き始める。31日、スペイン紙『アス』が報じている。

【写真】ベイルは選外…EURO2016のベストイレブン(UEFA発表)一覧

 7月31日、上記3選手がチームに合流した。とはいっても、本体はアメリカ遠征中であり、彼らの移動時間を嫌ったジネディーヌ・ジダン監督の意向で、3人はマドリードでトレーニングを行うことになっている。

 8月9日には最初の公式戦UEFAスーパーカップ(vsセビージャ)が控えており、チーム作りに不安が残るが、『アス』紙によると、ジダン監督はこの3選手抜きでも不安を感じていないということだ。ペペについては、ラファエル・ヴァランとナチョで穴埋めが可能であり、クロースに関しては、ルカ・モドリッチとカゼミーロが9日にはプレー可能であり、残りの1枠をイスコ、ハメス・ロドリゲスらで穴埋めできると計算しているようだ。

 しかし、唯一不安があるとするとベイルだと指摘し、仮にベイルが充分にプレーできないなら、慣れ親しんだ4-3-3を捨て、アルバロ・モラタとカリム・ベンゼマの2トップによる4-4-2で試合に臨まねばならないのではと見ている。

 バカンスの短さ、過密日程は強豪チームの宿命だ。全てのタイトル獲得を目論むマドリーにとっては、スーパーカップも軽視できるものではない。ジダン監督の手腕が問われるシーズンが始まる。

フットボールチャンネル

最終更新:8/1(月) 10:48

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。