ここから本文です

奇跡的に命に別状なし。ヴォルフスブルクで悲劇…仏MFが頸椎を骨折

フットボールチャンネル 8/1(月) 10:00配信

 プレシーズン・キャンプを行っているヴォルフスブルクで、試合中に頸椎を骨折するというショッキングな事故が起きた。31日にドイツの『ブンデスリーガ.com』が報じている。

【動画】何度みても美しい 中村俊輔の“魔法の左足” 世界4位に認定

 現地時間30日にヴォルフスブルクはスポルティングCPと親善試合を行った。すると、MFアマラ・コンデと交代して入ったフランス人MFジョシュア・ギラヴォギが、65分に相手選手と激しい接触をした後に地面に転倒。それからうつ伏せたたまま動かなかった。

 その異変に事の重大さを察知したメディカルスタッフは、直ぐにリスボンの病院へ搬送。MRI検査の結果、頸椎を骨折していたことが判明した。

 しかしギラヴォギは、頚椎カラーを装着してチームとドイツへ戻ることができたようだ。そして、これから再びヴォルフスブルクで更なる診断を受けるようだが、回復期間は未だに明かされてはいない。

 ギラヴォギはクラブの公式サイトで「医師は不幸中の幸いだと言っていた」と当時の様子を語っている。

「僕は意図的に怪我をさせたわけではない相手を責めはしないよ。あの時はただ不運な状況だっただけのことなんだ。これから順調に回復するよう願っているし、再びチームのためにプレーすることができるようできるだけ早く復帰したいね」

 アトレティコ・マドリーからレンタル移籍していた25歳のギラヴォギは、ようやく今夏にヴォルフスブルクへ完全移籍したばかりだ。そのような中で突然襲った悲劇。少なくとも命に別状がなかったことが、まさに不幸中の幸いだ。

フットボールチャンネル

最終更新:8/1(月) 11:03

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。