ここから本文です

本田に今夏“逆転残留”の可能性が浮上 迷走ミランの苦しい台所事情が後押しか

Football ZONE web 8/1(月) 20:38配信

“ゼロ円移籍組”が次々と流出も、伊紙「本田は残るかもしれない」

 去就問題の浮上するACミランの日本代表MF本田圭佑が、今夏逆転残留を果たす可能性が浮上している。イタリア地元紙「トゥット・スポルト」が報じた。

【写真一覧】伊メディア特集 本田所属の名門ミラン、ベルルスコーニ政権に栄光をもたらした名手トップ10

 資金難に苦しむミランは、中国企業との身売り交渉の遅れにより移籍市場で後手を踏んでいる。レアル・マドリードを退団した元スペイン代表DFアルバロ・アルベロアを移籍金ゼロで獲得するなど、例年通りの低コスト路線を突っ走っているが、過去の失策は明白だという。

 記事では「コストゼロの政治はうまくいかなかった。ミランはジェレミー・メネズと別れの挨拶をする準備ができた。今日ボルドーでメディカルチェックをする。契約満了となり、コストゼロでミランに入団した選手たちが、ミランから出て行く」とレポートされている。

 2014年6月にパリ・サンジェルマンからミランに移籍金ゼロでやって来たメネズは、2季前にチーム最多16ゴールを決める活躍を見せたが、昨季は腰痛で2度の手術を受けるなどコンディション維持に苦しみ、2ゴールに終わった。そして、ボルドー移籍でクラブ間合意に達していた。

 ミランはメネズに加え、チェゼーナにGKミカエル・アガッツィを移籍金ゼロで放出する一方、元ブラジル代表DFアレックス、元フランス代表DFフィリップ・メクセスという昨季限りで契約満了になった選手とも契約を結ばなかった。

指揮官はメンバーの頭数が少ないと訴える

 チームは放出の嵐となっているが、“ゼロ円移籍組”で逆転残留を果たす可能性がある選手が一人いるという。

「コストゼロで入団した選手は、ディエゴ・ロペスと本田だけが残っている。ロペスは移籍先を探しているが、夏の初めには放出すると記されていた本田は残るかもしれない。現戦力の頭数が多くないという、モンテッラ監督からクラブに対する強く、はっきりとした警告があった。コストゼロでも移籍は自由に決められない」

 年俸削減のためにメネズらを放出したミランだが、メンバーの頭数自体が少ないために、本田が残留する可能性が浮上しているという。今夏のプレシーズンマッチでは3試合連続でスタメンから外れた本田は、昨季リーグ戦1得点3アシストという結果から、「クビにされても仕方ない」と語っていたが、イタリアメディアは他クラブからオファーも打診も来ていないという苦しい現状を指摘していた。

 ポジション争いでは苦戦を強いられている本田だが、ミランの台所事情によって在籍4シーズン目への道が切り開かれていくかもしれない。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/1(月) 20:38

Football ZONE web