ここから本文です

ブラジル五輪代表に痛手、OA枠のベテランGKが負傷離脱。急遽28歳GKを招集

フットボールチャンネル 8/1(月) 12:10配信

 ブラジルサッカー協会(CBF)が7月31日、リオ五輪に挑むブラジル代表のオーバーエイジ枠として選出されていた38歳のGKフェルナンド・プラスが右ひじを負傷したため、急遽アトレチコ・パラナエンセから28歳のGKウェヴェルトンを招集したことを発表した。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

 GKプラスは日本代表戦前のウォームアップ中に負傷。痛みを訴えたため30日に検査をしたところ右ひじを痛めていたことが判明したようだ。日本との試合には出場しておらず、リオ五輪も欠場する見通しとなっている。

 オーバーエイジ枠としてGKプラスの他にネイマールやドグラス・コスタも選出されていた。しかし、D・コスタが負傷したため代わりにレナト・アウグストが選出されている。GKプラス抜きで日本との試合に勝利したものの、リオ五輪での出場が期待されていただけにブラジルにとって痛い知らせとなっている。

フットボールチャンネル

最終更新:8/1(月) 12:24

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ