ここから本文です

降格危機の名古屋、“ピクシーの右腕”がコーチ入閣。低迷脱却へ…「打破することが義務」

フットボールチャンネル 8/1(月) 14:40配信

 J1の名古屋グランパスは1日、セルビア人のボスコ・ジュロブスキー氏がアシスタントコーチに就任したことを発表した。

【第6節結果】J1 2ndステージ全試合結果 降格圏の湘南ベルマーレは?

 ジュロブスキー氏は2008年から2013年までの6年間でも名古屋でアシスタントコーチを務めており、当時は“ピクシー”の愛称で親しまれたドラガン・ストイコビッチ監督の右腕として従事。2010年にはリーグ優勝も果たしている。

 その後はマケドニア代表監督を務めるも、2015年で解任となっている。ジュロブスキー氏は、名古屋のオフィシャルを通じて2度目のコーチ入閣への喜びを語っている。

「名古屋グランパスというクラブは私が6年間も在籍していたクラブなので、とても大事に思っています。今回、アシスタントコーチという立場で再びクラブやファン・サポーターの皆さんのお役に立つことが出来る機会を頂けたことを、クラブにも本当に感謝しています。今、名古屋グランパスが置かれている厳しい状況を打破することが私の義務だと感じています」

 名古屋は2ndステージ第6節を終えた段階でJ2降格圏内となる年間総合16位。2ndステージに入っても勝ち星がなく、クラブワースト記録となる14試合未勝利が続いている。

 Jリーグ発足時から加盟していた『オリジナル10』のうち、鹿島アントラーズと横浜F・マリノスと並んで一度もJ2に降格したことのない名門だが、今季はクラブ史上初の降格の危機に瀕している。

フットボールチャンネル

最終更新:8/1(月) 15:12

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。