ここから本文です

【総体出場校】千葉・市立船橋|プロ注目DFを擁して狙うは東福岡への雪辱と9度目V

SOCCER DIGEST Web 8/1(月) 18:50配信

Jクラブが注目するU-18日本代表の杉岡は、全国大会前に進路を決める予定。

 今年も優勝候補の一角であることに疑いの余地はない。安定感抜群の市立船橋がインターハイ制覇を狙う。市立船橋は、今季の高円宮杯U-18プレミアリーグEASTで5節まで唯一の無敗を貫き、2位につけている。
 
 原動力となっているのは、鉄壁の守備だ。昨季から主軸のDF杉岡大暉、原輝綺は最終ラインでプロスカウトの注目を集める働きを見せており、朝岡隆蔵監督も「後ろの2列は、安定している」と高い評価を与えている。
 
 ともに空中戦に強く、ミドルやロングレンジのパスが安定している。U-18日本代表の常連である杉岡は、CBのほかに左SBをこなし、左足のロングフィードを対角に飛ばすプレーで攻撃にアクセントを加える。すでに4チームのJクラブで練習に参加。全国大会前には進路を決めたいと話している。
 
 原は中盤もSBも自在に対応。全国クラスの運動部を多く擁する市立船橋のマラソン大会では、運営担当の陸上部が不参加ながら、2年連続でトップという走力を持っており、杉岡とともに広範囲を守れる貴重な戦力となっている。
 
 攻撃では基本布陣の4-3-3から3-4-3へと変化し、パスワークの中から続々と追い越しをかける選手が出て来るのが、今季の特徴だ。身長186センチのビッグターゲット村上弘有を最前線に置いて縦パスを狙いながら、中盤ではボランチの高宇洋がターンを仕掛けてショートコンビネーションから中央突破を図る。
 
 さらに、最終ラインから杉岡が左足で対角に繰り出すロングパスから右DF真瀬拓海がサイドを突き崩すパターンも持っており、バリエーションは豊富だ。
 
 なかでも、プレミアリーグで無得点だったFW村上がインターハイの県予選で手応えを掴んだことは収穫だ。準決勝の翔凛戦では前半だけでハットトリックを達成した。
「自分の長所は、泥臭く前で戦うこと。そこしかない。でも、FWなので、点を取らないと評価されない。県予選が始まるまで無得点で、そろそろ取らないといけないと思っていた。全国大会でもチームのために走って前線でボールをキープして、もっと点を取りたい」と気勢を上げた。昨年の途中まではセカンドチームなどでCBとして試されていたが、精力的な動き出しと身体を張ったキープでチームをけん引する原動力となりそうだ。
 

【総体】地区予選代表校一覧

1/2ページ

最終更新:8/1(月) 18:55

SOCCER DIGEST Web

なぜ今? 首相主導の働き方改革