ここから本文です

【総体】市船を追い詰めたグッドルーザー・瀬戸内。さらなる進化へ──。

SOCCER DIGEST Web 8/1(月) 6:00配信

学校を挙げての強化策が奏功。

 快進撃は、善戦むなしくベスト8で止まった。
 
 1回戦で市立長野を5-1、2回戦で近大和歌山を0-0からのPK戦で下し、3回戦では強豪・滝川二を相手に4-0の圧勝を飾り、一大センセーションを巻き起こした瀬戸内。市立船橋との準々決勝は開始4分に1年生FW郡司篤也に先制される苦しいスタートながら、臆することなく真っ向勝負を挑み、互角以上の内容を披露。FW三澤徹晃、FW安部裕葵、MF中間俊亘、DF滝澤康平ら近年の躍進を支えてきた3年生たちが奮闘し、攻守両面で連動性の高いサッカーを展開した。
 
 一進一退の攻防が続くなか、追加点を奪ったのは市立船橋だった。MF金子大毅のパスに呼応したMF西羽拓が冷静に蹴り込んだ。懸命に反撃を試みる瀬戸内はロスタイムに三澤がPKをゲットして安部がこれを決め、怒涛のラッシュを仕掛けたが……。あと一歩及ばず、1-2の惜敗に終わった。シュート数は瀬戸内から見て、11本対12本だ。
 
 安藤正晴監督は、胸を張る。
 
「本当によく頑張りました。しっかりサイドを使って攻撃し、終始チャレンジできた。相手のコンディションがあまり良くなかったのもあって、チャンスはあったんですけどね。決めるべきところで決めきれませんでした。どんな状況でも勇気を持ってつないでいこうと話していて、それを実践できたのがなにより大きい。おとといのタキニさん(滝川二)に対しても、今日のイチフナさんに対しても、自分たちのスタイルで戦えましたから。逃げずに堂々と。ウチにとっての収穫ですし、光が見えた試合。冬につながってくると思います」
 
 今回の広島インターハイに向けて、学校を挙げての強化策が奏功した。それまでは積極的に県外の選手をスカウトしていなかったが、交流のあったジュニアユースの強豪、S.T.F.C(東京)とGRANDE(埼玉)から多くの逸材を引き入れたのだ。今大会の登録メンバー17名のうち、三澤や安部、浅野ら7人が越境入学組。いわば今夏は強化の集大成で、必然の快進撃と言えなくもない。

【インターハイ】準々決勝PHOTOハイライト②市立船橋×瀬戸内、流経大柏×履正社

1/2ページ

最終更新:8/1(月) 6:00

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。