ここから本文です

【総体】ついにポイントゲッターが覚醒。青森山田の鳴海がスランプ脱出&得点王宣言!

SOCCER DIGEST Web 8/1(月) 5:13配信

2位に付けるプレミアEASTではわずか2得点にとどまる。

 ポイントゲッターの意地が爆発した。青森山田で1トップを張るFW鳴海彰人は、1回戦の中京大中京戦で5ゴールと固め打ちをすると、「優勝という目標はずっと変わらないけど、得点王というもうひとつの目標ができた」と、ポイントゲッターとしての本能が目覚めた。3回戦の鹿島学園戦ではチームをベスト8に導く決勝弾を叩き込んだ。
 
『目覚めた』という表現をしたのは、今大会に入る前の高円宮杯プレミアリーグEASTでは、しばらくゴールから見放されていたからだ。プレミアEASTでチームのオープニングゴールを決めて以来、8節の新潟U-18戦でゴールを挙げた以外は、チャンスを得ながらも、決定的なシーンを外してしまったり、ゴールから遠ざかった。
 
 前半戦2位をキープするチームにおいて、点を取るべき鳴海がわずか2ゴール。これは到底結果を出したという数字では無い。無論、それは本人が一番自覚している。
 
 今大会前に彼は、現状をこんなふうに語っていた。
「自分が不甲斐ない。動けていないわけではないけど、点が取れない。悔しいし、歯がゆい。だからこそ、インターハイでは絶対に結果を残したい」
 
 相当な危機感と、覚悟で臨んだ今大会。冒頭で書いた通り、3回戦までで6ゴールを叩き出し、ついにポイントゲッターが目覚めた。そして、ベスト4を懸けた準々決勝・米子北戦。相手の空中戦の強さとキックの正確性、そして前線への圧力に押し込まれたチームのなかで、前半は消える時間帯が多かった。しかし、得点感覚を目覚めさせたストライカーは『その時』を虎視眈々と狙っていた。
 
「前半は相手のペースに引きずり込まれる形になった。だからこそ、後半はしっかりと焦ることなくつないで、一瞬の隙で自分が裏に抜け出して決めようと思った」
 
 落ち着きを取り戻した後半、鳴海は何度も敵最終ラインと駆け引きをした。そして、ついに『その時』がやってきた。同9分、MF高橋壱晟のパスを受けたDF鍵山慶司が右クロス。これを受けたMF郷家友太のキープからのこぼれ球をトップスピードで拾うと、そのまま豪快に右足を振り抜いた。「コーナーを狙った」という強烈なシュートは、ゴール右ポストに当たってゴールイン。貴重な先制弾を叩き出した。
 
 

【インターハイ】準々決勝PHOTOハイライト①昌平×静岡学園、青森山田×米子北

1/2ページ

最終更新:8/1(月) 6:00

SOCCER DIGEST Web