ここから本文です

名人に定跡なし?セオリーを軽んじる人は成功できない

JBpress 8/1(月) 6:00配信

 「名人に定跡なし」というのは将棋の世界の格言があります。名人と呼ばれる人は時々、周囲が「あれっ?」と思うようなセオリーに反した手を指すことがあります。名人にはセオリーは関係ないということは、セオリーにとらわれている限りは名人になれないのでしょうか。

 このことについて考えることは、ビジネスでも有益でしょう。

■ 定跡とはセオリーのこと

 まず定跡(じょうせき)とは何かということですが、これは「過去から研究が積み重ねられてきた、実績のある指し方」と定義して良いでしょう。詳しくはありませんが、囲碁だと「定石」というようですね。将棋の場合、どんな戦法であっても、序盤から中盤にはほぼ完全に定跡があります。

 定跡は先人の経験からできていますから、それに従って指している限りは失敗がないわけです。逆に言うと、そこから外れると何らか自分が不利になる可能性があるということです。初心者の頃は「定跡なんて堅苦しい。もっと自由に指したい」などと思うものですが、定跡を知らない人は、知っている人に勝つことはできません。

■ 将棋の名人とはどんな人か

 将棋のプロの世界は、厳しい世界です。奨励会という養成機関を勝ち上がって、四段になったらプロ棋士として認められます。プロ棋士になるには年齢制限があり、標準的には小学生から、遅くとも中学生から奨励会に入って血みどろのバトルロイヤルを繰り広げ、勝ち残った人だけがプロになれるというシステムです。

 ちなみに、私は将棋はアマ初段なのですが、アマチュアの初段とプロの初段は全く違うものです。アマチュアの名人がプロの四段に勝てるかというと、まれに番狂わせは起こりますが普通は無理です。プロの四段は化け物みたいに強いんです。その中で、さらに勝ち続けることができる人が、その時代の名人になります。

 「名人戦」というタイトル戦があり、順位戦といういわばバトルロイヤルの続きのリーグ戦の優勝者が、名人という称号を得ます。名人というのは、その年のもしくは過去の名人位についた人を指すこともあれば、単に伝説的に強い棋士を指すこともあります。まあ要するに一番強い人が名人です。今だと名人位は佐藤天彦さんですが、後者の意味では羽生さんですかね。

■ 強くなるには、定跡を知りつくす

 奨励会や順位戦に象徴されるプロ棋士の戦いというのは、定跡を研究し尽くすことから始まります。今は過去の棋譜をパソコンで確認・分析できますから、プロ棋士は皆、ありとあらゆる対局を集めて研究しています。ある対局のことを知っているか、知らないかで勝負が決まることもあります。そんなレベルです。

 ですから昔はともかく現代では、名人と呼ばれる人ももちろん定跡の研究は徹底的にやっています。勉強をし尽くして、実際に指された手の背景にあるものを考え尽くして、その上でどこかで少しだけ定跡から離れた手を指す。そこで勝負が決まります。

 セオリーを知らないとそもそも勝負にならないんですね。AIが人間より強くなれる可能性があるのは、一面では、過去の実績を知れば知るほど強くなるという性質が、将棋にはあるからです。

■ 名人芸とは守破離の“離”

 日本の伝統芸能の世界では、「守破離(しゅはり)」という考え方があります。まずは先人のやり方やセオリーを徹底的に身につけて、それに対してどこかで自分のオリジナリティーを出していき、最後は「離れる」。 セオリーを意識しなくても身体が勝手に動く無の境地、それが名人だということです。

1/2ページ

最終更新:8/1(月) 6:00

JBpress

記事提供社からのご案内(外部サイト)

JBpress PremiumはJBp
ressが提供する有料会員サービスです。
新たな機能や特典を次々ご提供する“進化
するコンテンツ・サービス”を目指します。