ここから本文です

佐藤栞里、初めての演技で「ふ~、ふ~」

Smartザテレビジョン 8/2(火) 4:00配信

エバラ食品工業株式会社は、「プチッと鍋」の新CMキャラクターに佐藤栞里を起用し、8月22日(月)より新CM『ガーデン』篇と『ちゃんこつくる』篇を放送開始する。

【写真を見る】初めての演技で「ふ~、ふ~」を披露する佐藤

『ガーデン』篇では、小さな箱庭を手入れしている佐藤。その後、キッチンに移動し、「プチッと鍋 キムチ鍋」でキムチ鍋を作り、熱々の鍋を頬張る…というストーリー。

『ちゃんこつくる』篇では、キッチンでちゃんこ鍋のつくねを作る佐藤。鶏つくねを鍋にスプーンで1つずつ落とした後、「プチッと鍋 ちゃんこ鍋」を開けて鍋に投入。出来上がったちゃんこ鍋を「ふ~、ふ~」と冷ましながら頬張る…というストーリー。

佐藤は同CMで初めての演技に挑戦しており、夏日の撮影の中、キムチ鍋とちゃんこ鍋を「ふ~、ふ~」と冷ましながら豪快に完食。「お鍋のおいしさに、おいしい表情が自然と出たと思います。全部食べちゃいました(笑)」と笑顔で撮影を振り返った。

また、「すごく簡単なので、普段あまり料理をしない私でもすぐ作れました」と明かし、「これからたくさん1人鍋をしていこうと思います」とニヤリ。

最後に「CMでは『プチッと鍋』を使って、いろいろな鍋を作っているのですが、作っているところだけでなく、私の熱々お鍋の食べっぷりにもぜひ注目して見ていただけたらと思います」とアピールした。

最終更新:8/2(火) 4:00

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。