ここから本文です

放送史に新たな1ページ!4K、8Kの試験放送を開始

Smartザテレビジョン 8/2(火) 12:08配信

NHKは、8月1日朝10時からスーパーハイビジョンのBSでの試験放送を開始した。スーパーハイビジョンとは4K、8K放送の総称。中でも8Kの試験放送は世界初の試みとなる。

【写真を見る】試験放送開始のボタンを押す記念式典登壇者

8Kは'95年からNHK放送技術研究所が中心となって開発してきた次世代型放送システム。解像度は3300万画素を誇り、ハイダイナミックレンジや22.2chサラウンドステレオの立体音響を搭載できることなどから、あたかも画面の中の世界にいるような没入感に浸ることができる。

2Dではこれ以上の高精彩な画像は実現不可能という。まだテレビは市販されていないが、全国のNHKで視聴することができる。また、日本時間の8月6日(土)から始まるリオデジャネイロオリンピック期間中は東京と大阪の合計6会場でパブリックビューイングを行う。

試験放送の開始に合わせて東京・NHK放送センターでは「NHKスーパーハイビジョン試験放送開始記念式典」が開催された。司会進行を務めたのはスーパーハイビジョンの広報番組に出演している女優の葵わかなとNHK二宮直輝アナ。籾井勝人会長らNHK関係者の他、来賓の輿水恵一総務大臣政務官、福田俊男放送サービス高度化推進協会理事長が出席した。

あいさつに登壇した籾井会長は、この日を「放送史の新たな1ページ」と宣言。「世界の注目が集まる'20年の東京オリンピック・パラリンピックでも最新の技術を生かして最高水準の放送サービスを実現し、4K、8Kの普及に弾みをつけたい」と抱負を語った。

また、8Kの超高精細映像技術は医療、教育、美術館、博物館、デジタルサイネージなど幅広い分野での活躍が期待でき、関係者と協力しながら「放送外の活用にも力を入れていきたい」と多方面での普及に向け意欲を示した。

スーパーハイビジョンの今後の主なスケジュールとしては、12月1日(木)に放送局や家電メーカーなどから作る団体・放送サービス高度化推進協会が試験放送に参加予定。'18年には実用放送の開始が予定されている。

最終更新:8/2(火) 12:08

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集