ここから本文です

行き詰まったときはランニングを!神経科学がその理由を説明

ライフハッカー[日本版] 8/2(火) 12:10配信

Inc.:ランニングが健康を保つために良いことはよく知られた事実です。しかし、ランニングにハマる人がその魅力を語るとき、走ることは健康状態に好影響を及ぼすだけではなく、精神衛生上にも好影響を与えるのだと言います。

ある人はランニングでレジリエンスを鍛えることができると言い、ある人は頭をスッキリさせることができると言います。またとある人はランニングに出るとクリエイティブな思考を加速させ意思決定をしやすくなると言います。

ランニングがもたらすこうした精神上の好影響は、ただ単にアスリートが持つ心理的な癖なのでしょうか? それともランニングは実際、脳の認識に影響を与える確かな要素があるのでしょうか? どうやら、神経科学がその答えを握っているようです。そして、それはランニングをしている人にとって良いニュースであることがわかりました。

ランニングで脳がスッキリする理由

最近「Science of Us」が出したランニングが精神にもたらす影響について書いたブログ記事にはこんなことが書かれていました。

「約30年にわたる神経科学の研究で、エアロビ的なエクササイズと認識の明晰さの間には強い相関関係があることがわかっています。」

事実、ランニングは神経形成においてほとんど奇跡と言っても過言ではないほど、成人の脳に新しい脳細胞を形成するプロセスを促進させるそうです。(ほかには学習と性行為もそのプロセスを促進します。)

汗をかいて頭脳を明晰にしよう!

ランニングは記憶力を促進する新しい脳細胞を作るだけではありません。感情をコントロールし、ものごとの計画を立てたり集中したりする脳の領域である前頭葉にも変化を与えてくれます。このことは、同記事内でも触れている最近ハーバード大が出したランニングが精神に与える影響の研究結果を説明することができるでしょう。

研究者たちは、被験者にとてつもなく悲しい話の動画を鑑賞させたあと、何人かの被験者に30分ランニングをさせました。すると、ランニングをした人はそうでない人に比べて悲しみからの立ち直りが早かったそうです。この調査は、趣味でランニングをする人が口々に言う「頭がスッキリする」という話を科学的に証明することができました。

ランニングが精神にもたらすメリットはこれだけではありません。最後にこれを出すのはいささか普通でありがちに聞こえるかもしれませんが、ランニングは思考を自由にし、新しいアイデアを生み出したり、上手にものごとを関連づけたりすることを促進します。これらはすべて科学的に証明することができるのです。

この話のオチですか?

私は胸を張って、ランナーは「走ると精神がクリアになる」と盲目的に主張するクレイジーな人たちではないと叫びたいです。なぜなら、科学が証明しているのですから。

皆さんはランニングしていますか?この記事で紹介した効果を感じたことがあるかたは是非教えてくださいね。


Feeling Stuck? Neuroscience Says Go for a Run|Inc.

Jessica Stillman(訳:wasabi)
Photo by varun suresh/Flickr (CC BY 2.0).

最終更新:8/2(火) 12:10

ライフハッカー[日本版]

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

最新ITサービス使いこなしガイド
ビジネス向けガジェット/ツール紹介
いま使える節約マネーハック術
モチベーションを上げるマインドハック

Yahoo!ニュースからのお知らせ