ここから本文です

【ポケモンGO】福岡の「ピカチュウの森」に異変が…!

ファンファン福岡 8/2(火) 11:58配信

サービススタートが待ち遠しかったポケモンGOでしたが配信されて早10日、みなさん楽しんでますでしょうか。

配信からちょうど1週間が過ぎた7月29日(金)の午後、「大濠公園からピカチュウが姿を消した」との情報を掴み実際どうなっているのか検証してみました。

スタートは前回同様の大濠公園北入口周辺から。

日曜日の午後8時、先週より人が少し減ったような印象を受けました。

散歩道を使って北入口から福岡市美術館周辺へ。

先週は大濠公園日本庭園から美術館までびっしり人がいましたが、今回は美術館周辺に集まっている印象でした。

ゆるっと大濠公園周辺とポケモン探索を続けること2時間、ついにピカチュウと出会いました!

それにしても目に見えるほどピカチュウの出現頻度が少なくなってました。

ピカチュウに代わり大濠公園を占拠したのは・・・。

「アーボ」でした!2時間程度で16匹と出会えました。

どくタイプ、蛇のような見た目でアニメでも大活躍していたポケモンです。

それほど珍しくないポケモンですが、進化させるには「アーボのアメ」が50個必要なため、まだアーボが進化した「アーボック」を捕まえてないポケモントレーナーの方々には朗報ではないでしょうか。

ピカチュウの森がまさかの1週間で終了。

ポケモンの入れ替わりが早いような気がしなくもないですが、これで毎週どんなポケモンが出現するかを楽しむこともできそうです。(個人的にはミニリュウが来てほしいものです・・・)

最後の今日出会った少し珍しいポケモンたち。

やはり大濠公園は出現するポケモンが多く、まさに「福岡のポケモンの聖地」と呼べるのではないでしょうか。

最後に、繰り返しになりますがポケモンGO楽しくプレーしつつ、公園利用のマナー(歩きスマホしない、歩くときは散歩道を使う、ゴミは持ち帰る)を守りましょう!

※情報は2016.8.2時点のものです

ファンファン福岡

最終更新:8/2(火) 11:58

ファンファン福岡

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ファンファン福岡

株式会社西日本新聞社

福岡市を中心としたエリアで発行するフリーペーパー。「福岡って楽しい!大好き!」という地元の方々と一緒に、魅力あふれる福岡の街や人、イベント、グルメスポットなどを随時更新。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。