ここから本文です

アイドル 夢アドが「NHKムズムズ体操」をがんこちゃん、どーもくんと踊る

KAI-YOU.net 8/2(火) 15:08配信

5人組アイドルグループ・夢みるアドレセンス(夢アド)が、ラジオ体操をチャラくアレンジした「NHK ムズムズ体操 第18」を、7月30日(土)より「ムズムズエイティーン」公式Webサイト、NHK どーがステーション、YouTube公式チャンネルにて公開。

【夢みるアドレセンス】の関連画像

「ムズみるアドレセンス」(ムズアド)に扮したメンバーが、さまざまなムズムズを解消。今どきの高校生あるあるで構成された歌詞とダンスを披露している。

歌詞監修には女子高生時代に起業し、数々のマスコミに登場した椎木里佳さん。なんと本人も制服姿で参加している。

夢アドが歌って踊る「ムズムズ体操 第18」

NHKが18歳応援プロジェクト「ムズムズエイティーン」の一環として公開した動画「NHK ムズムズ体操 第18」。

イントロでは国民的なラジオ体操が始まるのかと思いきや、パリピ風サングラスをした夢アドメンバーが登場。「Yo! PartyTime Start!」の掛け声とともにイケイケなビートで「ムズムズ体操」をはじめる。

基礎編の「自撮り体操」や、応用編となる「写真で盛るための体操」を披露。

続いて「二人でハートを作る体操」「彼氏がいなくてもリア充に見える体操」など今どきの高校生あるあるで構成された内容に仕上がっている。

またNHKのキャラクターである がんこちゃん、どーもくん、ななみちゃん、はに丸も揃って登場している。

最終更新:8/2(火) 15:08

KAI-YOU.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。