ここから本文です

YKKのショートアニメ続編 音楽はPerfume×元電気グルーヴの砂原良徳

KAI-YOU.net 8/2(火) 16:30配信

ファスナーメーカー・YKKによるショートアニメ「FASTENING DAYS 2」が、公式WebサイトとYouTubeチャンネルにて8月1日より公開されている。

【写真をすべて見る】「FASTENING DAYS 2」制作はスタジオコロリド

これは、2014年に公開され国内外で再生回数約400万回を記録した「FASTENING DAYS」に続く第2弾作品。

YKKのブランディングメッセージである「“つなぐ”ことの大切さ」をテーマに、ファスニング事業のキャッチコピー「Little Parts. Big Difference.」を世界に伝えるべく制作された。

石田祐康×Perfume×砂原良徳のタッグが再び!

前作「FASTENING DAYS」に引き続き、『フミコの告白』『台風のノルダ』などの作品で知られるスタジオコロリド所属の石田祐康さんを監督に起用。

EDテーマは3人組テクノポップユニット・Perfumeが、劇中の音楽は電気グルーヴの元メンバー・砂原良徳さんが担当している。

「FASTENING DAYS 2」は、日本語、英語音声のほか、全6か国語の字幕付きで全世界に向けて配信されている。

【石田監督コメント】
再びこの楽しい企画でYKKさん・Perfumeさんとご一緒できるとは!
続編の制作が決まったと聞いた時は驚き半分嬉しさはひとしおでした。とても自由度の高いこの企画には今回、より一層スタッフの創意工夫がこめられており、これは監督というよりもスタッフこそが主役となったスタジオコロリドとしての作品になったのではと思います。どうぞ、楽しんでご覧になって下さい。

【Perfumeコメント】
ファスナーとファスナーが合わさってひとつになることで、一人では叶わなかったことが叶えられる。手と手が合わさってひとつに繋がることで分からなかった相手の想いが分かり合える。このYKKさんのアニメーションのテーマにHold your Handがぴったりで、自分達の歌ですが、感動してしまいました。
この曲のミュージックビデオは携わってくれているスタッフさんや親友、ファンでいてくださるみなさまに撮影していただいて完成しました。日本だけでなく各国のみなさんの様々な「手」が繋がって歌詞を紡いでいきます。ファスナーは人の心を「繋ぐ」。遠いように感じるかもしれませんが、とても近いものを感じたのです。
YKKさんの熱い想い、そして海を越えて繋がり合いたい私達日本人の想い、少しでも多くの人に伝わってほしいなぁと思いました。
(あ~ちゃん)

第一弾に引き続き“FASTENING DAYS2“にも私たちの曲をつかっていただけてほんとに嬉しいです!ありがとうございます!!今回選んでいただいたHold Your Handという曲は強がったり1人で何かと戦っていても、大切な人を守りたいと思うのはみんな一緒で、仲間がいるからこそ強くなれる、手を取り合うことで新しい世界に一歩踏み出せるというメッセージの歌なのでこのアニメの世界観やYKKさんの大切にしている「つなぐ」という気持ちと重なるところがたくさんあって、アニメと一緒に聴くことでより魅力的に感じることができました!
YKKさんのこのアニメとともに私たちの楽曲を通して、大切な人を守るための勇気を後押しできたらいいなと思います!
(かしゆか)

あれ!二人とも前回からちょっと成長してる!?のかな!?かわいい~~!>_<
いつもお世話になっております。またしてもエンディングテーマに起用していただきましてありがとうございます!
今回のアニメーションでも、ファスナーと同様、丁寧で愛のある仕事っぷりに感服いたしました。可愛くて可笑しな世界に新しいキャラクターも増えて、より一層賑やかになり、短い時間の中に魅力とメッセージがギュギュッと凝縮されていて、見てて本当に楽しかったです!「そうなんです!YKK様のファスナーは滅茶苦茶丈夫!なんです!!!」と、思わず言いたくなるあの終盤の派手な演出!大好きです(笑)今回も見所満載でございました(^-^)
沢山の方に見ていただき、つながりますように。よろしくお願いします!
(のっち)

最終更新:8/2(火) 16:30

KAI-YOU.net

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。