ここから本文です

滝沢秀明、待望のラブシーンで披露した肉体美ーー『せいせいするほど、愛してる』のエンタメ性

リアルサウンド 8/2(火) 6:10配信

 滝沢秀明演じるティファニー社の副社長・三好海里と、武井咲演じる同社社員・栗原未亜の禁断の恋愛劇を描くドラマ『せいせいするほど、愛してる』(TBSテレビ)の第3話では、控えめながら待望のラブシーンが披露され、ネットを中心に大きな話題となった。

 未亜が「愛人にしてください」と三好に告白した前話から一転、「その気にさせたなら謝る」と、断られてしまう場面から第3話は幕を開けた。未亜は友人たちと酒を飲み、「もう吹っ切れた!」と気丈に振舞っていたが、諦めようと思うほどに気持ちが募ってしまうのを感じていた。一方で三好は、サイバーセール社に商談を持ちかけるも、賄賂を渡したと噂されてしまい、立場が危うくなっていた。さらに三好の妻と思われた女性から、家庭を顧みない態度をキツく責められるなど、プライベートでも問題が重なっているように見えた。

 三好によるエアギターと未亜によるひとりカラオケは、第1話を上回る激しさで披露され、またしても視聴者を驚かせたが、どうやらふたりは強いストレスを感じると先の行動に出る、という設定のようだ。今後、物語が波乱を迎えるたびに、彼らのショーを楽しむことができそうだ。

 さて、周囲からの反対もあり、特に三好は自制することを心に決めるのだが、物語は少々強引な展開を迎える。サイバーセールス社の常務を説得するため三好が熱海に飛ぶと、未亜もまたその後を追う。常務に「あなたはこの世界のことをもう少し勉強したほうがいい」と、屈辱的な言葉を投げられ、三好は意気消沈していた。無力感に苛まれながら、ふたりは東京へと帰ろうとするのだが、偶然にも列車事故のため熱海に足止めされてしまうことに。しかも、事故の影響でホテルはどこも満室、ふたりは同じ部屋で一夜をともに過ごすことになるのだった。

 ふたりきりになると最初は気遣っていた三好だったが、その心労を吐露するとともに、子どもの頃の悲しい思い出を明かし、美しい顔を涙で濡らす。その様子に感じ入った未亜は、「私が支えます」と三好に密着。そのまま熱く接吻を交わすのだった。残念ながら、行為のシーンはカットされてしまっていたが、ピロートークでは三好が上半身裸体を惜しげもなく披露していた。また、裸体でのキスシーンもあり、物語の前半であることを考えれば充分すぎるほどのサービスショットであったといえよう。滝沢の肉体美はジャニーズ内でも高く評価されており、彼が率いる『滝沢歌舞伎』では通称「腹筋太鼓」と呼ばれる上半身裸のパフォーマンスも人気を集めている。もしかしたら今後、エアギターを上半身裸で披露してくれるかもしれないと、期待してしまったファンも少なくないだろう。

 当初はその設定や物語の展開に違和感もあった本ドラマだが、わかりやすくサービス精神にあふれた展開は、観ていて退屈しない。なによりもエンターテイメント性を重視し、ファンの期待に応えようとする姿勢は、評価に価するのではないだろうか。本作にはこのまま、突っ走ってもらいたいものだ。

松下博夫

最終更新:8/2(火) 6:10

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。