ここから本文です

意外な人物が“歴代最強選手”論争に終止符 「メッシはペレとマラドーナよりも上だ」

Football ZONE web 8/2(火) 7:50配信

ローマ法王がメッシを史上最高と断言

 フットボール史上最高の選手は誰なのか。ファンにとっては永遠のテーマであり、ワールドカップ優勝3度の元ブラジル代表FWペレ氏は「自分こそナンバーワン」という立場を崩さない。また、かつてのアルゼンチン代表の天才MFディエゴ・マラドーナ氏を「神」と崇めるファンもいる。

【写真記事】元祖“神の手”マラドーナ 後継者と期待された「アルゼンチンの天才10人」

 だが、この論争に終止符を打つ人間が登場した。ローマ法王フランシスコは、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシこそ史上最高と断言した。英誌「フォー・フォー・トゥー」が報じている。

「個人的にはメッシはペレとマラドーナよりも上だ」

 アルゼンチン出身の法王はワールド・ユースデイのイベントで、参加者からの質問にこう語ったという。

 メッシは悲しみの夏を送った。コパ・アメリカ・センテナリオ(南米選手権)では、チリとの決勝のPK戦で失敗し、惜敗。2014年ブラジル・ワールドカップ、15年南米選手権チリ大会に続き、3大会連続となる決勝での敗戦となった。

 代表戦ではタイトルに恵まれないメッシに対し、アルゼンチンではマラドーナ氏を史上最高に推す声も多い。ペレ氏は「自分が最高」という立場を崩さないが、法王は異次元のパフォーマンスを見せるメッシこそが最高という意見を明確にしていた。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/2(火) 7:50

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。