ここから本文です

インテル、イブラに続く”PSGの点取り屋”狙うも失敗。1週間前の対戦日に会談

フットボールチャンネル 8/2(火) 7:10配信

 パリ・サンジェルマン(PSG)とインターナショナル・チャンピオンズカップで戦った現地時間24日に、インテルがウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニの獲得を打診していたようだ。1日に伊メディア『フットボールイタリア』が報じている。

【写真】美の競演…欧州の美女サポーターたち

 同メディアによると、両クラブが対戦した日にインテルがPSGと会談を開き、カバーニを5000万ユーロ(約57億2000万円)で販売してくれるかどうか打診したとのこと。しかし、PSG側に断られてしまったようだ。

 カバーニは昨季リーグ戦32試合に出場し19得点を記録。ズラタン・イブラヒモビッチに続くゴール数でPSGのリーグ4連覇に貢献していた。ナポリやアーセナルが関心を示すマウロ・イカルディを放出した場合に手に入る移籍金での獲得を狙っていたようだが、打診した額では交渉はまとまらなかったようだ。

フットボールチャンネル

最終更新:8/2(火) 7:13

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。