ここから本文です

欧州“点取り屋”が一巡? レアル、ユーベ、インテル、PSG、ナポリで玉突き移籍実現か

フットボールチャンネル 8/2(火) 7:20配信

 今夏欧州で空前の点取り屋の“玉突き移籍”が起こるかもしれない。1日、イタリア『イタスポルトプレス』が報じている。

【動画】本田、得点を生む“6つの技”を伊メディアが動画で紹介

 玉突き移籍のキッカケとなったのはユベントスのゴンサロ・イグアイン(写真:中央左)獲得だ。セリエAの宿敵ナポリから契約解除金満額を支払って実現した“禁断の移籍”によって、ナポリは新たなエースFWを探している。

 ナポリが狙っているのはインテルの主将FWマウロ・イカルディ(写真:中央右)だ。そして、そのインテルはフランスの盟主パリ・サンジェルマンのエディンソン・カバーニ(写真:左)獲得を画策している。

 マンチェスター・ユナイテッドに加入したズラタン・イブラヒモビッチに加えてカバーニに放出の噂が挙がっているPSGは、なんとレアル・マドリーのアルバロ・モラタ(写真:右)獲得を狙っているとのこと。モラタは今夏ユベントスからマドリーに買い戻しオプションで移籍している。つまり、これらの取引が実現すれば点取り屋が一巡することになるのだ。

 例年にもまして大型移籍が多発している今夏の欧州移籍市場。締切となる8月末まで一瞬足りとも目が離せない展開となりそうだ。

フットボールチャンネル

最終更新:8/2(火) 10:46

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。