ここから本文です

欅坂46 尾関梨香の「違和感ある全力疾走」にメンバー悲鳴 サンド富澤「速いゾンビの走り方」

リアルサウンド 8/2(火) 12:10配信

 8月2日放送の『KEYABINGO!』(日本テレビ系)では、欅坂46のメンバーが「バーベキュー鬼ごっこ」を行なった。

 今回番組で放送されたのは、バーベキューの食材を賭け、メンバーが全力疾走して鬼ごっこをするという企画。ルールは、胸に食材名を書いた鬼が登場し、鬼を捕まえると、その食材を手に入れることができるというものだ。メンバーは年上チームと年下チームに分かれて計11品の食材を賭けた勝負を行ない、番組のレギュラーMC・サンドウィッチマンの伊達みきおと富澤たけしが進行を務めた。

 1番目の挑戦者には、今泉佑唯と尾関梨香が登場。番組の事前アンケートで半数以上のメンバーから「走り方に違和感がある」と書かれていた尾関が実際に走ると、メンバーからは悲鳴が起こり、富澤は「速いゾンビの走り方だよね」とコメント。実際に鬼ごっこがスタートすると、胸に「ネギ」と書かれた鬼の逃げ足が早く、尾関が疲れてしまうが、守屋茜が「止まらないで走って!」と厳しい喝を入れ、最終的には今泉が鬼を捕まえてネギを手にいれた。

 続いては、長濱ねると土生瑞穂が登場し、「カニ」の鬼を土生が確保。3番手に登場した守屋茜と渡邉理佐のターンでは、高校時代のスポーツテストの成績も良く、ソフトテニスの県ベスト8位の実力を持つ守屋に期待が集まるが、彼女が鬼と争っている最中に、渡邉がさらっと横取りするように「かぼちゃ」と書かれた鬼を確保。ゲーム終了後、渡邉は「奪い合いしてたんで、ちょっと大変でした」と話し、メンバーから笑いが起こった。

 4番手に登場したメンバー最年少の平手友梨奈と最年長の渡辺による対決では、「全力で走っているところを誰も見たことがない」と伊達から紹介された渡辺が、富澤から「好きなものが(鬼で)出てくるといいね、好きな食べ物なに?」と尋ねられ「…パン」とバーベキューと全く関係のない食材の名前を回答する一幕も。2人は、「えのき」「しいたけ」「エリンギ」「松茸」の紙を貼った子供たち4人を追いかけ、平手がエリンギとえのきを確保した。また、今回用意されたなかでも最高級の食材である「松坂牛」は、志田愛佳&小林由衣コンビと上村莉菜&齋藤冬優花コンビによる争いの末、年下チームである志田&小林コンビがゲットし、メンバー全員でバーベキューを楽しんだところで番組が終了した。

 ほかにも、メンバーがパジャマ姿でオンエアを振り返る「KEYAROOM」のコーナーでは、土生瑞穂、長濱ねる、石森虹花、齋藤冬優花、渡邉理佐の5人がパジャマ姿で今回の企画を振り返ってトーク。なお、huluと日テレオンデマンドでは、同コーナーの未公開分を配信している。

 欅坂46メンバーの個性を見ることができた今回の放送。次回はメンバーの楽屋を隠し撮りする企画を放送する予定だ。

向原康太

最終更新:8/2(火) 12:10

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。