ここから本文です

「歴史上最も予想不可能」 ペップ・シティが優勝本命3・25倍オッズもプレミア覇権は混迷模様

Football ZONE web 8/2(火) 12:45配信

ブックメーカーがため息… レスターは昨季の5001倍から26倍に大幅昇格

 昨季のプレミアリーグは日本代表FW岡崎慎司所属のレスター・シティが優勝オッズ5001倍という超大穴予想から下馬評を覆す奇跡の初優勝を成しとげた。スポーツ史上最高の高配当となったレスターの奇跡を受けた英ブックメーカー「スカイ・ベット」は、新シーズンの優勝オッズで、名将ペップ・グアルディオラ監督の就任したマンチェスター・シティを本命としながら、有力6クラブに11倍以下という倍率に設定している。今季は史上最高クラスの大混戦になると予測している。一方、元日本代表監督のアルベルト・ザッケローニ氏の就任の可能性が浮上しているハル・シティが今季最大の大穴オッズ1500倍と設定されている。

【写真一覧】欧州サッカーを彩る美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

 英衛星放送「スカイ・スポーツ」は「2016-17プレミアリーグはブックメーカーの予想では、歴史上最も予測の付かないコンペティンションとなる」と特集している。

 スカイが運営するブックメーカー「スカイ・ベット」のオッズは現地時間1日午後7時時点のものだが、昨季王者レスターに付けられた最新オッズは26倍。昨季の5001倍という穴馬予想から急激にジャンプアップを果たしている。

 現時点での最有力の優勝候補は名将ジョゼップ・グアルディオラ監督を招聘したマンチェスター・シティの3.25倍。ジョゼ・モウリーニョ新体制がスタートしたマンチェスター・ユナイテッドの4倍、闘将アントニオ・コンテ監督の下で再始動となるチェルシーの6倍、アーセン・ベンゲル監督率いるアーセナルの7倍と続いている。

 さらに、ユルゲン・クロップ監督2年目を迎えるリバプール9倍、昨季はレスターと優勝争いを演じながら終盤3位に転落したトットナムが11倍となっている。有力6クラブがひしめく大混戦状態となっている。

ザック監督就任浮上のプレミア昇格組ハルは超大穴の1500倍!

 最も高い倍率が付けられたのはハル・シティで1501倍。スティーブ・ブルース監督が退任し、元日本代表監督のザッケローニ氏に接近しているという昇格組が今季の大穴となっている。これも衝撃的な高配当となるが、昨季レスターの5001倍での優勝を目撃しているサッカーファンにとっては物足りないオッズに感じられるかもしれない。

 昨季レスターの予期せぬリーグ優勝によってブックメーカーが悲鳴を上げる事態となった。130年の歴史を持つブックメーカー「ラドブロークス」は昨年9月までに47件の超大穴馬券を受け入れた。9月以降は1500倍に修正したが、損失は7億円。「ウィリアム・ヒル」社は5001倍に関しては25件の受付に止まったが、3億4000万円の損失だったという。各社は昨季を教訓として慎重な姿勢を貫いている。

「スカイ・ベット」のダレ・テンペスト氏は「レスターの驚くべき快挙によって、我々は昨季500万ポンド(約6億7000万円)近くを支払った」と振り返った。「だから、顧客が新たな高額のアウトサイダーを支持するのは当然だ。我々はトップの監督が集まったことでもう一度、新たな優勝候補が生まれることを願っている」と混戦必至の新シーズンの展望を語った。

 今季も夢の万馬券を手にする勝負師は登場するのだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/2(火) 12:45

Football ZONE web

Yahoo!ニュースからのお知らせ