ここから本文です

中国資本やオイルマネーにレスターが対抗! 太っ腹オーナーの“無制限タイマネー”で大補強プラン浮上

Football ZONE web 8/2(火) 13:30配信

英紙報じる 欧州CLなどの過密日程にタイ人会長が動いた

 プレミアリーグ王者レスター・シティはタイトル死守へ向け、さらなる大型補強を敢行する可能性が浮上した。ヴィチャイ・スリヴァッダナプラバ会長らタイ人オーナーがクラウディオ・ラニエリ監督に無制限の資金提供を行う準備があると英紙「ザ・サン」が報じた。

英メディアが世界最強の「左利き」と「右利き」のベストイレブンを選出!

 今夏の移籍市場でクラブ歴代最高額となる1600万ポンド(約22億円)でナイジェリア代表FWアーメド・ムサを獲得したのをはじめ、計4選手を補強。さらに1日には、欧州選手権(EURO)ベスト8メンバーで、まだ19歳と若いポーランド代表MFバルトシュ・カプストカ獲得へ750万ポンド(約10億円)で合意。一方で、現時点で主力の流出をフランス代表MFエンゴロ・カンテ(チェルシー)1人に留めるなどまずまずの補強戦略を進めている。

 だが、ラニエリ監督は更なる補強を希望しているという。イタリア人指揮官は残留に向けた最低限のノルマとされる「勝ち点40」を目標に掲げる謙虚な態度を貫いているが、UEFAチャンピオンズリーグにも参戦するなど過密日程を戦う上で、戦力の上積みは必須と考えているようだ。

 サン紙は「クラウディオ・ラニエリがオーナーから白紙の小切手を受け取った。チャンピオンはさらなる夏の補強を目指している」と報じている。指揮官もスリヴァッダナプラバ会長から補強に向けた全面バックアップを受けると明かしている。

「必要であれば。さらに何かが起こるだろう。会長は私が望む選手、私が必要とする選手を買う準備はできている。我々は常に世界で何が怒り、何が重要となるかを見ている。私はハッピーだし、全員がここでハッピーだと思う。みんなここで一緒にいい時間を過ごしている。これは何度も行ってきたことだよ」

ラニエリ監督が補強費に白紙小切手をゲット!?

 戦力を維持しながら、着実に補強も進めているレスターだが、他クラブからの警戒が強まる今季は昨季以上に険しい戦いが舞っている。イングランド代表FWジェイミー・ヴァーディと岡崎の2トップを起点とした前線からのハイプレスと高速カウンターを武器にプレミアリーグを席巻したが、ラニエリ監督は相手から研究されていることを自覚し、新たな戦術を編み出すとの意欲も語っている。

「今や他のチームは我々のことをよく知っている。何かを変えていく必要がある。プランBを持つことが必要だ。試合の中で新たな解決法を見つけていく」

 中国資本やオイルマネーが注入され、異次元の移籍金高騰を招いているプレミアリーグだが、レスターには空港の免税店「キングパワー」と収益を生み続けるオーナー一族の“タイマネー”が付いている。「ミラクル・レスター」として世界中に驚きを与えたスモールクラブは、ラニエリ体制2年目となる今季もプレミアリーグの顔となるのだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/2(火) 13:30

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。