ここから本文です

サンダーランドがモイーズ・ユナイテッドに!?  愛弟子フェライニとヤヌザイを「喜んで獲得したい」

Football ZONE web 8/2(火) 15:00配信

モウリーニョ政権で戦力外のヤヌザイと微妙なフェライニ

 イングランドプレミアリーグのサンダーランドの新指揮官に就任したデイビッド・モイーズ氏がかつて指導した愛弟子コンビの獲得を熱望しているという。英衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じている。

英メディアが世界最強の「左利き」と「右利き」のベストイレブンを選出!

 モイーズ氏は、今季からジョゼ・モウリーニョ新監督が就任したマンチェスター・ユナイテッドで2013年シーズンに指揮を執っていた経験があるが、その当時に信頼を置いていたベルギー代表MFマルアン・フェライニとFWアドナン・ヤヌザイの2人をサンダーランドに迎え入れたいようだ。

「彼らのうち、誰かが加わりたいというのなら、喜んで獲得したい。なぜなら、彼らは素晴らしい選手だから、だ」

 サイドからのクロスを多用するパワープレーを信条とするモイーズ監督はこう明言している。特にエバートンとマンU監督時代に2度獲得し、チームの中核を任せてきた巨人フェライニと、ユナイテッド監督時代に抜擢し、日本代表MF香川真司とポジションを争わせながら期待をかけていたヤヌザイの2人は、サンダーランドが上位躍進を果たすための切り札になると考えているようだ。

独特のパワーサッカー炸裂か

 サイドからのクロスで組み立てる攻撃をこよなく愛するモイーズ氏にとって、中央での高さと強さを担保できるフェライニと、サイドでドリブル突破からクロスを上げられるヤヌザイは最も欲しいピースであり、彼らに対する信頼関係からも獲得を熱望しているようだ。

「私たちは彼らの獲得に興味を持っている。だが、他のクラブも興味を持っていることだろう」

 すでにモウリーニョ監督が少数精鋭でのチーム運営を示唆しているユナイテッドにあって、ヤヌザイはすでに戦力外通告を受け、フェライニの立場は微妙なところにある。プレミア復帰を果たした指揮官は、愛弟子2人をチームに迎え入れることができるだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/2(火) 15:00

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。