ここから本文です

アルゼンチン代表、新監督がついに決定。リベルタ杯で優勝経験のある名将

フットボールチャンネル 8/2(火) 11:01配信

 アルゼンチンサッカー協会(AFA)が1日、アルゼンチン代表の次期監督にブラジル1部のサンパウロを率いるエドガルド・バウサ氏が就任すると発表した。

【動画】何度みても美しい 中村俊輔の“魔法の左足” 世界4位に認定

 コパ・アメリカが終了した後にチームを率いていたヘラルド・マルティーノ監督が辞任している。そのため、アルゼンチンサッカー協会は後任監督探しに動き、ラツィオを2日で辞任したマルセロ・ビエルサ氏が候補に挙がったものの就任を断られてしまった。

 そんな中、サンパウロを率いるバウサ氏が候補に浮上。2008年にはエクアドルのLDUキト、2014年にはアルゼンチンのサン・ロレンソを率いてコパ・リベルタドーレスで優勝を経験している。これまでに大きな功績を残しており、アルゼンチン代表の新監督として適任と言えそうだ。

フットボールチャンネル

最終更新:8/2(火) 11:08

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。